関大履修生日記(平成29年春学期)

平成29年5月26日(金)

フランス文学研究(2)A 友谷先生

 今日は院生が二人とも欠席すると連絡してきたらしい。
 予定では今日からいよいよ Le Sid を第1幕第3場から読み始めることに
なっていたが、「どうしましょうか?」となった。しかし、院生がいないのに先に
進んでしまっては申し訳ないと思い、先生に第1幕第1場を読むことを提案した。
先生はもともと第1場と第2場はあまり重要ではないのでスキップされていたが、
モイチは一応、勉強のつもりで読んでよく分からないところをチェックしていた。

結局、先生も快く承諾され、第1場を最後まで58行を読んだ。お陰で?マーク
を付けていたところがすべて解消された。


平成29年5月22日(月)

フランス文学研究(4)A ビルマン先生

 今日はなんと院生が3人とも欠席で、洋子さんとモイチの二人だけ。
さすがのビルマン先生も困ったというか、呆れた表情だった。
何を教材に取り上げたら良いのか、思案に暮れるよ、と言うところ。

取りあえず今日の講義は先週の続きでボードレールの"Le cygne"「白鳥」の
残りと "Le crépuscule du matin"「朝の薄明」を読んだ。

先生からいきなり allégorie と symbol との違いは?と質問が飛んできた。
soleil とか conte とか image などという単語を並べて説明しようとしたが、
支離滅裂になってしまった。頭の中で整理しないうちに答えようとするから
いつも失敗する。先生の説明では allégorie は histoire である、と。

Paris change ! mais rien dans ma mélancolie
N'a bougé ! palais neufs, échafaudages, blocs,
Vieux faubourgs, tout pour moi devient allégorie,
Et mes chers souvenirs sont plus lourds que des rocs.

Aussi devant ce Louvre une image m'opprime :
Je pense à mon grand cygne, avec ses gestes fous,
Comme les exilés, ridicule et sublime,
Et rongé d'un désir sans trêve ! et puis à vous,

Andromaque, des bras d'un grand époux tombée,
Vil bétail, sous la main du superbe Pyrrhus,
Auprès d'un tombeau vide en extase courbée ;
Veuve d'Hector, hélas ! et femme d'Hélénus !

「パリは変わっていく。しかし、私のふさぐ心の中では何も動いていない。
すべては私にとっては寓意である」
そしてボードレールは彼の心の中に去来する寓意の例を挙げていく。
まずはあの悲劇のアンドロマックである。

"le cygne"のあと"Le crépuscule du matin"を3分の2ほど読んだ。


平成29年5月20日(土) 午後5時-7時

 アンスティテュ・フランセの le petit apéro

   
   
   
   


平成29年5月19日(金)

フランス文学研究(2)A 友谷先生

 今日はSさんが体調を完全に回復したということで出席した。
4月7日以来、本当に久しぶりだ。
先生は、SさんがYさんと違ってフランス演劇の基本的な知識があるので
これまでやってきたことを手短かに説明した後、先週の続きに入った。
すなわち、アリストテレスの『詩学』のポイントである。

平成29年5月15日(月)

フランス文学研究(4)A ビルマン先生

 今日も先週と同じメンバーが出席。Sさんはまた欠席だが大丈夫かなあ?
モイチは、前回先生が話されたデュラーの銅版画「メランコリア I」をネット上で
見つけたので、それをA4サイズにプリントしたものと、関大図書館から借りた
ウェルギリウスの『アエネーイス』(杉本正俊訳本)から拝借したトロイの図と
主人公 Eneide がトロイからカルタゴを経由してイタリアに渡った逃避行の
航路図とを合わせて、簡単に説明したうえ、みんなに配った。

授業は先週の続きでボードレールの詩「白鳥 Le cygne 」を第3連から
第10連まで読んだ。

平成29年5月13日(土)

ホーソーン読書会 入子先生

 3週間ぶりの読書会。参加者は入子先生のほかは相変わらず男3名だけ。
世話役のSさんによると「Tさんの体調が大分よくなったようで次回6月からは
復帰できそう」と。

テキストは予定通り、387頁9行目から390頁16行目まで読んだ。
ヒュー・クロンビーの酒場で3人の学生が酒盛りで陽気に騒いでいるうちに
エドワードが詩を歌い始めると、吟遊詩に詳しく自らを詩人と称するヒューが
ヴァイオリンを持ち込んで詩の伴奏を始める。さらには、エドワードの詩を
先輩詩人として審査する権利でもあるという風に批評し始める。挙句には
彼らに乞われて自ら詩を勿体ぶりながら披露することになる。
この辺りの表現をめぐっていくつか訳しにくい言い回しが出てきた。

'Really, Master Walcott, I was not prepared for this,' he said, in the
tone of condescendending praise①, that a great man uses to his
inferior, when he choses to overwhelm him with excess of joy②.
'Very well, indeed, young gentleman. Some of the lines, it is true,
seem to have been dragged in by the head and shoulders③
; but
I could scrarcely have done much better myself, at your age.

①見下すような賞賛。
②大げさな誉め言葉で目下の人を圧倒する。
③実際、いくつかの詩行は無理やり引っ張ってきたようにみえる。

 次回は6月10日、390頁17行目から393頁18行目まで。
なお、そのあとは、6月17日と連続し、さらに7月は夏合宿に代えて
8日、15日、22日、29日と4週連続で読書会を開催する予定。

平成29年5月12日(金)

フランス文学研究(2)A 友谷先生

 今日も院生はYさんだけ。Yさんは今週、関大のすぐ近くに引っ越した由。
驚いたのは彼女が自分の身の回りの家具類をほとんどすべてコーナン辺り
から材料を買ってきて自分で組み立てている、いわゆる「DIY女子」だと
知ったこと、実際に引っ越したあとのマンションの部屋の写真を見せてくれた。
聞けば父親が大工さんで小さい頃からやってきたそうな。凄い!

 友谷先生、今日はフランス留学時代の恩師 Forestier先生が1988年に
出版された「ル・シッド」テキストの決定版、Collection texte et contextes
Corneille Le Cid
のコピー(取りあえずは第2幕までの分)を配られたうえ、
その構成について概略を説明された。
今期はイントロダクションの終わる再来週からこれを読み始めることになる。
ただし、実際に読むのはテキスト本文の第1幕第2場からとなる。
毎週、50行ぐらいずつ進むことになろう。
今、来週はイントロの残りで、今日はそのうち、「V 劇場・役者」と
「VI アリストテレス『詩学』のポイント」の一部を解説された。


平成29年5月8日(月)

フランス文学研究(4)A ビルマン先生

 今日はSさんは欠席したが、Yさんが出席したのでホッとした。
話題は当然ながらフランス大統領選挙速報。マクロン候補がル・ペン候補
を64対34くらい安全圏内でリードしている現状分析でしばらく談笑。

 テキストの本題、ボードレールの "Le cygne"に入る前に先生は予備知識
として1851年のルイ・ナポレオンによるクーデター、パリ大改造、当時のパリ
市街などを簡単に説明された。さらに先生は詩の冒頭に出てくる Andromaque
はラシーヌの悲劇で有名だが、もとはローマ時代の詩人(poet latin) Vergile
(ウェルギリウス)の書いた叙事詩 L'Eneide 『アエネーイス』のトロイ戦争に
登場する悲劇のヒロインであると説明を加えた。さらに詩の後半に出てくる
Melancolie について 1514年の Durer の絵画(エッチング)が有名であること
などと紹介された。

 

そのあと、Le cygne の第1連、第2連を読んだ。

Andromaque, je pense à vous ! Ce petit fleuve,
Pauvre et triste miroir où jadis resplendit
L'immense majesté de vos douleurs de veuve,
Ce Simois menteur qui par vos pleurs grandit,

A fécondé soudain ma mémoire fertile,
Comme je traversais le nouveau Carrousel,
Le vieux Paris n'est plus (la forme d'une ville
Change plus vite, hélas ! que le coeur d'un mortel) ;

ここで先生は1行目に出てきた je pense à について je pense de との違い
を質問しながら解説された。je pense à は過去に起こったことについて思いを
いたす場合に使う、と。
さらに、fleuve について rivière との違いについても説明された。
fleuve は海に注ぐ川であり、rivière は fleuve に注ぐ川である。
 rivière → fleuve → mer

等々。


平成29年5月1日(月)

フランス文学研究(4)A ビルマン先生

 今日、久しぶりにSさんが出席した。風邪が少しマシになったとのこと。

 土曜日にラ・フォル・ジュルネびわ湖2017に行って児玉桃さんと広瀬悦子
さんの連弾によるハンガリー舞曲集とスラブ舞曲集を聴いたあと、サイン会が
あったので桃さんの最近のCDを2枚買ってサインをしてもらった。うち1枚は
ビルマン先生に差し上げるものだ。それは『鐘の谷』というタイトルで先生の
好きなメシアンの曲が入っていたからである。授業前にこのCDに桃さんの
英語の経歴と『鐘の谷』発売記念のフランス語の紹介記事を添付してお渡し
したら、喜ばれて「家に帰ったら早速聴くよ」と言っていただいた。
本当はメシアンの「鳥のカタログ」か「幼子イエスの20のまなざし」のCDが
良かったのだが、また別の機会にしよう。

 今日は Victor Hugo の Le Sacre を4人交代で最後まで読んだ。
Le Sacre というのは、ナポレオン三世のことで、詩は彼をぼろくそに皮肉った
ものである。ユゴーはそれを効果的にするため、先週読んだ Malbrough の
リズムに合わせて作っている。

 Dans l'affreux cimetière,
Paris tremble, ô douleur, ô misere !
 Dans l'affreux cimetiere,
 Fremit le nenuphar.

 Castaing leve sa pierre,
Paris tremble, ô douleur, ô misère !
 Castaing lève sa pierre,
 Dans l'herbe de Clamar.

 Et crie et vocifère,
Paris tremble, ô douleur, ô misère !
 Et crie et vocifère,
 - Je veux être César !

という具合に進んでいく。

 来週は、洋子さんが用意してくれたボードレールの『悪の華』から「白鳥」と
「朝の薄明」(Le cygne と Le crepuscule de matin) を読む予定。

平成29年4月28日(金)

フランス文学研究(2)A 友谷先生

 今日も出席はYさんだけだったが、彼女によるとSさんは体調不良らしい。
モイチもこの2週間ほど人並みに花粉症に悩まされているが、春先に体調を
崩す学生さんが少なくない。

 今日は講義の資料ファイルを家に置いてきてしまった。気の緩みか、歳の
せいか?安倍内閣じゃないが気を引き締めないといけない!

 授業は先週の続きで17世紀古典演劇理論の「III 目的」、「IV 規則」、
「V 劇場・役者」の解説。

III. 目的 ホラティウスの『詩法』によると、l'agréable (快楽)と l'utile (有益性)。
      快楽と教訓を観客(主として王侯貴族)に与えること(モリエールの
      『タルチュフ』国王への第1嘆願書)。
      悲劇における「快楽」とは、アリストテレスの『詩論』によると「恐れと
      憐れみ(la crainte et la pitié)から生じる喜びを再現すること。
      (représentation)
      すなわち、これは観客を「カタルシス」状態にすることである。

IV. 規則 ・三単一の法則(la regle des trois (de temps, de lieu, d'action)
      ・適合性(bienseance) レトリックから見たすわりを良くする。
        内的適合性 - 悪人は悪人らしく、姫君は姫君らしく、・・・
        外的適合性 - 観客の趣味・判断にとっての言語、性格、行動の
                 座りがよいこと。
      ・真実らしさ(vraisemblance) が真実そのものより大切。
        観客の一般通年(doxa ⇔ paradox)を裏切らない人間行動を
        選択する。
       vraisemblance morale - le devoir être
       vraisemblance culturelle - 観客の知識
      ・ポワロの『詩法』 une douce terreur
                  une pitie charmante
                  plaire と toucher
                 (観客に気に入られ、かつその胸を打つこと)

V. 劇場・役者 ここで、ラシーヌの『アンドロマック』第5幕第5場におけるオレストの
         台詞を、現代の役者によるものと17世紀当時に舞台で演じられたと
         想定れるものとを参考のため聞かせてもらった。
         一つ一つの言葉の発音やアクセントなども違うが、昔のは、まるで
         韻文詩を朗読しているような感じを受けた。


平成29年4月24日(月)

フランス文学研究(4)A ビルマン先生

 先週ゴルフで欠席したが、洋子さんによると3人いた院生のうち先週出席した
のはASさんだけで、SさんもYさんも欠席だったらしい。そのASさんも姿を
見せなかったので心配したが、少し遅れて入ってきた。
今日は前回の分と含め3つの資料を頂いた。いずれも4月10日に話されていた
詩である。

 1.Malbrough s'en va-t-en guerre(18世紀から歌われているフォークソング)
 2.Victor Hugo Chatiments から最初の詩 Le sacre
 3.Beaumarchais の詩 Romance de Chérubin

これら3つの詩は実は関連があって、後の2つはいずれも最初のMalbrough
の詩をもじって作ったものだそうである。

 先生は先週欠席したモイチのために洋子さんに Malbrough の詩について
概説させた。要するに18世紀に起こった仏英戦争で活躍した?英軍の将軍
Malbrough を歌ったもので、「将軍はいつ帰れるとも知れない戦争に出かけた。
そんなある日、夫人に訃報がもたらされる」という悲劇的な詩だが、敵の将軍を
歌ったものだけにシニカルなパロディ風である。

 先生によるとこれらの詩はフランス語の持つ音楽的な響き(musicalité de
la langue française) がよく分かるという。それぞれの最初の部分を見ると、

1. Malbrough s'en va-t-en guerre

Malbrough s'en va-t-en guerre
Mironton, mironton, mirontaine
Malbrough s'en va-t-en guerre
Ne sait quand reviendra.
Ne sait quand reviendra

2. Victor Hugo
 I  Le sacre - sur l'air de Malbrouck -

 Dans l'affreux cimetière,
Paris tremble, ô douleur, ô misere !
 Dans l'affreux cimetière
 Frèmit le nénuphar.

3. Beaumarchais
 Romance de Chérubin
 Air : Malbrough s'en va-t-en guerre

Premier couplet

Mon coursier hors d'haleine,
(Que mon coeur, mon coeur a de peine !)
J'errais de plaine en plaine,
Au gré du destrier.

帰り道、iPhone で Malbrough の歌を検索して聴きながら歩いてきたが
今一つよく分からなかった。

平成29年4月22日(土)

ホーソーン読書会 入子先生

 今日も参加者は入子先生のほか、S先生、Kさん、モイチの男3人だけ。
3人でほぼ1ページずつ分担して384頁初めから387頁8行目まで読んだ。
嵐の夜の旅籠屋で飲んでいたエドワードら二人の学生に、突然、ファンショー
が加わったが、ファンショーがいつになく饒舌になったものだから、他の二人も
釣られてどこにそんな能力があったかと思うほど機知や気まぐれを振りまいて
陽気な酒宴となった。挙句には詩作の才があるエドワードは即興で次のような
詩を披露する。

The wine is bright, the wine is bright,
 And gay the drinkers be;
Of all that drain the bowl to-night,
 Most jollily drain we.
Oh, could one search the weary earth,
 The earth from sea to sea, -
He'd turn and mingle in our mirth,
 For we're the merriest three.

Yet there are cares, oh, heavy cares, -
 We know that they are nigh;
When forth each lonely drinker fares,
 Mark then his altered eye.
Care comes upon us when the jest,
 And frantic laughter, die;
And care will watch the parting guest, -
 Oh late, then, let us fly!

「洗練さに欠けること、その場の気持ちを歌ったものであること、を考えれば
即興で歌ったものとして大目に見てあげるのがよかろう」と語り手は言う
(which, from its wnat of polish, and from its application to his present
feelings, might charitably be taken foran extemporaneous production.)。

次回は5月13日で387頁9行目から390頁16行目まで読む予定。


平成29年4月21日(金)

フランス文学研究(2)A 友谷先生

 今日もSさんは欠席で院生はYさんのみ。
 講義は先週の古典演劇導入編(17世紀フランス演劇概観)の続き。

 I-4)手法

  個別的(personnel)・刹那的(momentané)なものでなく、普遍的(universal)・
 恒久的(permanent)な傑作を、先行作品(素材・モデル)の模倣を通じて
 自国語(仏語)で生み出す(nationalisme的な動き)。
 コルネイユの言によれば、"Je peux ternir ceux [les noms] d'Enée et
 d'Achille, Par un noble attentat sur Homere et Vergile."

  発想(invention)のための「持ち駒」「引き出し」を蓄積する(修辞学の記憶術)
 すなわち、適切な言葉の判例・正統の収集であり、これによって、現在の、
 私の、個人的な、咄嗟の言葉の頼りなさ、あやうさ、曖昧さを吟味する。

 II-1) 劇作家 特に次の3人が重要。
      ピエール・コルネイユ、モリエール、ラシーヌ
      作品としては、コルネイユの『ル・シッド』とラシーヌの『フェードル』

 II-2) 理論家 
      ポワロの『詩法』
      シャプラン "Sentiments de l'Académie française touchant les
              observations faites sur la tragi-comédie du Cid"


平成29年4月17日(月)

フランス文学研究(4)A ビルマン先生

 ゴルフ会参加のため欠席。Yさんによると詩を読んだらしい。

平成29年4月14日(金)



フランス文学研究(2)A 友谷先生

 今日は院生がYさんひとりだったので先生は一部先週の復習をしながら
講義をゆっくり目に進めた。

一つは古典劇の台詞の特徴としての「反復(répétion)」のいろいろな例を
実例を示しながら解説。

音の反復
 子音反復 alitaration
  例) Pour qui sont ces serpents qui sifflent sur vos têtes ?
     (Racine, Andromaque, v.1682)
語の反復
 類語句反復 epanadiplose
 前辞反復 anadiplose
 類語反復 anaphore

もう一つは古典劇の典拠についての解説。
 悲劇 - ギリシャ・ラテン文学(神話、歴史書、特にローマ史)、聖書、聖者伝
 喜劇・悲喜劇 - スペイン・イタリアの同時代の小説・戯曲を利用。

古典作家として、ホメロス、アイスキュロス、ソフォクレス、エウリピデス、プルタルコス、
ウェルギリウス、キケロ、ホラティウス、セネカ、タキトゥス、などを挙げる。
特にホメロス、ソフォクレス、ウェルギリウスが重要と。


平成29年4月10日(月)

フランス文学研究(4)A ビルマン先生

 開講されるかどうか危ぶんでいたが、先週、友谷先生の授業で一緒になった
Sさんが申し込んだと聞いたので、ビルマン先生に非公式聴講をお願いしたところ
快くOKをいただいた。ただし、まだ受講生たちの話を聞いていないので果たして
モイチの気に入る講義になるかどうかは分からない、と。
 クラスに来てみると3人のM1女性が参加していた。これに洋子さんが聴講を
申し込んでいた。うち2人は友谷先生のクラスに来ていたSさんとYさんでもう一人は
社会学科から転じたASさんだった。
 先生は3人の新人を前にしていつになく嬉しそうで、早速、それぞれから簡単な
経歴と何をやりたいかを尋ね始めた。まず、Sさんはマリボーの演劇、ASさんは
ジェンダーや結婚についての理論をやってきたようだが、フランス語も達者なようだし、
音楽もピアノ、オーボエ、サックスを経験してきたという多才ぶり。Yさんは京都産大
からの転入だが、フランス語の語源論などを研究してきた模様。三人三様なので
先生も何を取り上げようか、困った様子。先生としては専門のフランス現代詩を
取り上げたいところだろうが、3人が取っつきやすそうな小編を用意しようといくつか
名前を挙げられた。

  ・ Marlbrough s'en va-t-en guelle"(フランスの古いフォークソング?)
  ・ Beaumarchais "Marriage de Figaro"(1778)
  ・ Victor Hugo "Les Châtiments"(詩集)(1853)

 3人の興味分野を探る過程で映画の話をされたときに昨年度のカンヌ映画祭で
金賞を取った Ken Loach の "I, Daniel Blake"とドイツ映画の "Toni Erdmann"
に言及された。すぐ iPhone で調べたら、前者はシネリーブル梅田で上映中で
本日の最終上映時間は16時50分からとなっていた。興味深かったので帰宅するや
直ちに映画館に向かい鑑賞してきた。病気や障害などによって貧困に悩む弱者たち
にとって、政府がいかに官僚的なシステムを作り上げて杓子定規な対応をしているか?
それを英国の地方都市を舞台に切実に訴える英仏合作の悲劇映画であった。
多くのことを考えさせられた。

平成29年4月8日(土)

ホーソーン読書会 入子先生

 この読書会で『ファンショー』を読むのは、なんと昨年12月3日以来、
実に4か月振り。12月、1月は先生の慶応大での講演や『ホーソーン研究』
第4号の原稿作成、査閲、編集があったうえ、1月22日に先生が転倒して
肩の骨を骨折されるというアクシデントがあったため、実質的な読書会は
開けなかった。先生は『ホーソーン研究』の原稿も左肩を使えないため、
右手の指1本でパソコンを打ち続け、ついにはA4、17ページに及ぶ論文を
仕上げられた。さすが入子先生と敬服させられた。
そればかりか、先生は肩の痛みが治まった3月20日から担当医の許しを得て
お一人でスペインに研究調査旅行を敢行され、29日に無事帰国された。
70歳半ばにしてなおこの旺盛な研究意欲を持ち続けられる先生には感心する
ばかりである。

 今日の参加者は先生のほか、S先生、Kさん、とモイチの3人だけだった。
先生はご旅行中に印刷なった『ホーソーン研究』をご持参され、講読前に
われわれ執筆者に数冊ずつ配られた。





 今日の『ファンショー』の講読は第5章の冒頭、381頁から383頁の最終行まで
を3人で交互に読んだ。
 次回は4月22日の予定。

平成29年4月7日(金)

  生憎の小雨だったが、法文坂のサクラもようやく満開。

フランス文学研究(2)A 友谷先生

 受講生は友谷先生のゼミ生Sさんと大久保ゼミのYさんで、いずれもM1。
Yさんは京都産大仏文科からの転学とのこと。
今日はイントロダクションで先生は準備していた3つの資料を配布された。

1.十七世紀フランス演劇概観

2.Bibliographie sélective 辞書類および批評文献など
古典劇の台詞

まず、2の参考文献として辞書類の説明。特に Littré の Dictionaire de la
langue française
(Hachette, 1863-1872)の重要性を強調されたほか、
インターネット上における情報検索の方法も説明された。
批評文献では、ロラン・バルトの『ラシーヌ論』が重要と。

そのあと、1の概観からジャンルと形式について解説された。


前年度秋学期を見る