平成29年のゴルフ予定表

月日 場所 メンバー 備考
12月1日(金) 有馬富士 珊瑚会 順延分
12月3日(日) 茨木高原 北野、勇上、早崎  

平成29年のゴルフ成績表(特に注記のないものはアウトスタート)

月日 場所 メンバー  前半 後半  コメント  回数
11月5日(日) 茨木高原 勇上、早崎  62  57  119 世話役の北野さんが急な風邪で欠席。コーラス活動などで忙しい勇上さんが7月の
月例以来、4か月振りの参加。今日は1番ホール・ティーショットのミスから始まって
最後まで集中力を欠いてゴルフにならなかった。特にショートアイアンの距離感が
悪く、バンカーに8回も捕まり、脱出に14打も叩いた。バンカーの位置をよく分かって
いるホームコースでこんなにバンカーに入れたのは記憶にない。しかも、1発で出た
のは4回だけという体たらく。こうなるとパットまでいい加減になり3パットが7回と
話にならなかった。これに対し、勇上さんはショット・パットとも好調でミスが少なく、
49・48=97ネット67で回ったが、4位で惜しくも入賞を逃した。早崎さんは後半
腰痛が出てきてゴルフにならず。
11
10月15日(日) 茨木高原 月例  -  -   -  悪天候のため4人とも参加せず  
10月13日(金) 有馬富士 珊瑚会  -  -  - 悪天候のため12月1日に順延  
10月10日(火) 有馬富士 事務管理部OB会  46
イン
 57  103 今日は75歳以上はゴールド・ティーから可というルールだったが、インからスタート
の第1組野村さん、第2組藤本さんと80歳台のお二人がレギュラー・ティーから
回り始めたので第3組のモイチとしてはひとりゴールドからとはいかず、先週の事例
もあり、まあいいかとレギュラーでスタートした。前半はこれが結果オーライで適度な
緊張感が幸いしたのか、ティーショットはじめウッドもユーティリティもアイアンも好調
でミスが少なく、久しぶりに46で上がり、木坂プロと並んだ。後半も出足はボギー、
パーと順調に行きかけたが、3番ミドルの第3打がふけて右バンカーに捕まったのを
切っ掛けに5番ホールから9番ホールまでグリーンを狙ったショットがすべてバンカー
に捕まり、脱出に合計で11も叩いてしまった。これはまあアウトとインの距離の差
というべきか、それとも疲れが微妙にショットに影響して曲げてしまったというべきか、
いずれにしろ、極端すぎた。13日金曜日の珊瑚会ゴルフは絶対ゴールドから頑張る。
 10
10月1日(日) 茨木高原 森田、玉中、冨田  53  58  111 とうとう耄碌がここまで来たか!今日は10月の月例杯だと思って千里中央から
クラブバスに乗って高原に上がったら受付のTさんに「今日はクラブ選手権予選の日
ですが、何時のスタートですか?」と不思議そうな顔で尋ねられた。「今日は月例B
の日では?」「いえ、それは15日です」 仕方なく、折角来たのだからなんとか
プレーできないかと頼み込んでメンバー3人の組に入れてもらった。ところが、
この3人は実力Aクラスでブルーティーからノータッチ・ルールでプレーしている。
お陰で何年かぶりにブルーからプレーした。今日はクラブ選手権のため、グリーン
の芝が刈り込んであり、いつもよりボールが転がる。特にホールの上につけると
難しくて3パットはざら、4パットさえしてしまう。おまけにブルーティーの位置も多くは
いつもより一段うしろなのでモイチには大変だった。まあ、そんな中で今日はスコア
の割には善戦したと言える。一緒に回った人たちからブルーからちゃんとプレー
できていましたよ、と慰められて変な自信を得た。今日は午前午後の出足ミドルで
いずれも9を叩いたのと11番190ヤードのショートをOBしたのが痛かった程度で
他は自分なりのゴルフが出来たと思う。とはいえ、ティーショットで良かったのは
最後の18番だけ。ティーショットの足らない分を第2打、第3打のスプーンとユーティ
リティでリカバーできたのと、グリーン周りのミスが少なかったことが大きく崩れ
なかった要因。
今日も鹿が現れた。
9月20日(水) 大月CC  青木、守屋、田中  52  55  107 何年か振りの関東遠征だが、北イタリア旅行から帰ったばかりのうえ、2か月以上の
実戦不足でスコアは二の次、もっぱら同期生の気楽なゴルフに徹した(?)。

今日はティーショットが不調で、なぜか何度も大きなスライスが出て、右の山斜面から
リカバリーショットを打つ羽目になったうえ、1番、2番、10番と午前、午後の出足
ホールで惜しいところでバンカーに捕まったため、調子に乗れなかった。東京勢では
田中さんが、この歳でドライバーのグリップを変えたら飛ぶようになったと見違える
ようなショットを見せ、49・50とひとり100を切って気をはいた。


7月7日(金) 有馬富士 珊瑚会  51  51  102 今日もティーショットは好調で各ホールとも気持ちよくスタートできたが、右手指を
痛めているせいか、アプローチにミスが多く、スコアメークに生かせなかった。
良かったのは会心のショットを連ねてパー・オンし、2パットのパーを取った9番
ロングと11番ミドルだけ(アプローチが不要だった)(笑)。特に残り50ヤード前後
からのピッチング・ウェッジがうまく行かない。一緒に回った大橋久賀雄さんとの差
はまさにその辺りのアプローチの精度。それでも暑さのせいか、みんな調子が悪く
2位に入った。優勝は44・47=91の大橋さん。
7月2日(日) 茨木高原 北野、勇上、早崎
(月例)
 57  55  112 久しぶりにフルメンバーが揃った。しかし、ほとんどみんな月一ゴルフになっている
のでミスが多く、なかなかパーが取れない。結果からいうと北野さんが3つ、勇上さん
が最終18番ホールでやっと一つ、早崎さんとモイチはゼロという体たらく。
ティーショットはまずまずだったが、アプローチが悪すぎた。寄せワンを狙ったショット
がトップやシャンクでバンカーに入れたり、がけ下に落としたりして怪我をした。
というのも前回痛めた右手薬指の腱鞘炎が再発してショートアイアンを思い切って
打てなかったのが響いた。
6月3日(土) 茨木高原 六三会(山田、徳永)  52
イン
 52  104 今年まだやっと5回目のゴルフ、しかもホームコースですらまだ2回目だから情熱を
失ったのかと責められそう。しかし偶々所用が入っただけ。夢にまでゴルフが出て
くるほどやる気は十分。今日は傘寿になってもそういう情熱を失わない小学校の
同窓生3人が毎年恒例の茨木高原に参集した。80台を出さないとゴルフをした気に
ならないという山田くんが駅の階段で怪我をしてから3人の実力が伯仲しだして
面白くなってきた。今回も前後半とも51、52、53と低水準?で大接戦。
モイチはティーショットの調子が今一つで抜きんでることが出来なかった。
5月11日(木) タラオ(西) 沖野会  50  54  104 数年前、日本女子プロ選手権が開催された西コースでプレーした。かねて聞いていた
通りの美しく、チャレンジングなコースだった。ゴールド・ティーからプレーしたので
偉そうなことは言えないが、また機会があればここに来たい。
今日は全般的にティーショットが安定していたうえ、フェアウェーでのスプーンや
ユーティリティも悪くなかったが、ときどき起こるシャンクやダフリなどの凡ミスが
致命傷となり、5番ミドルと12番ショートでのダブルスコアを招いた。特に昼食後の
10-13番は集中力を欠いたのが悔やまれる。
  
4月17日(月) 有馬富士  事務管理部OB会  56
イン
    悪天候のため前半だけで切り上げ。前半4ホールで14オーバー、後半5ホール
は6オーバーと別人ゴルフで持ち直したが如何せん最初が悪すぎた。
4月2日(日) 茨木高原 北野、早崎(月例)  58  58  116 先々週の初ゴルフは何だったのか、と思えるほど酷かった。ドライバーに
ほとんどミスはなかったのに、第2打以降、アプローチまでユーティリティと
アイアンにダフリ、トップ、果はシャンクまで頻発しまったくゴルフにならなかった。
27、28、29と3日間東京から来た妹の孫たちを京阪神に案内して6万歩を
歩き回った疲れが出たのだろうか?まったく情けない。北野さん、早崎さんは
今年初めてとあって乱高下のゴルフだった。
1月24日(金)  有馬富士    珊瑚会          43  55   98 今年初めてのゴルフ。12月4日以来クラブを握っていなかったので22日に
ニュータウンゴルフに行って80球練習してきた。これが功を奏したのか、前半は
ショットが安定して自分でも信じられないほど思う方向にボールが飛んでくれた。
結果は久しぶりに43で上がれた。パットの乱れがなければ41、2のスコアが
出せたところ。お昼に調子に乗って前祝いに生ビールを飲んだ。しかし、ゴルフを
舐めたらアカン!10番こそドライバーが飛んでパーを取れたものの、11番で
ドライバーを先っぽに当てて右崖下に落としてダブルスコアの8、13番ショートでは
ティーショットを手前バンカーの顎に打ち込んで同じダブルスコアの6、14番ロング
ではドライバーをOBして9、とこの3ホールだけで11オーバーを叩いてすっかり
いつものゴルフになってしまった。それでも前半の貯金が効いて第2位に入賞できた。
 1

平成28年のゴルフ成績表(特に注記のないものはアウトスタート)

 月日  場所 メンバー   前半 後半    コメント  回数
12月4日(日) 茨木高原 北野、早崎(月例)  56
イン
 53  109 今日は朝からショット、パットとも調子が悪かった。久しぶりにインから回ったが、
出足2ホールでOBなどでいきなり連続ダブルスコアを叩き、いささか、やる気を
なくした。とにかくフェアウェーでのダフリやトップが多く、ボギーすら取れない。
ボギーは14番ロングと17番ショートだけ。結局、前半は出足のダブルスコアを
取り戻せなかった。後半好きなアウトで1番、2番をボギーとして調子を取り戻し
かけたが、そのあとまたショットにミスが出始め、バンカーに入れたりしてダボが
続いたところへ、6番の打ち上げロングでミスショットを連発して入れずもがなの
バンカーに捕まるなどして9も叩き万事休した。後半は3か月振りの月例なのに
47の好スコアを出した北野さんに引き離されてしまった。
17
11月7日(月) 太平洋宝塚 エースの会       参加者少数のため中止。  
11月6日(日) 茨木高原 勇上、早崎(月例)  48  55  103 勇上さんとは6か月振りだったが、北野さんがマンションの所用で不参加、残念!
しかし、今日はとにかく風が冷たく11月下旬か12月上旬の寒さだった。天気予報
は「曇りのち晴れ」とあったのにスタート時には雨混じりの強風が吹きだした。
そんな中でショットが好調で珍しくパー、パーと絶好の出足。3番ロングで第2打を
フェアウェー横の立ち木にまともにぶつける不運でトリプルを叩いたものの、他は
ミスもなく前半は48で上がった。あまりに寒いので昼食時に熱燗を飲んだが、後半
も好調を維持し、14番までほぼボギーのペース、「よし今日は95くらいは出せる」
と思ったとたん、残り4ホールで好調だったフェアウェー・ショット(スプーンと
ユーティリティ)にミスが出始め、それにつれてパットまで乱れて集中力が切れ、
15-18番の4ホールだけでOBもないのに13オーバーと急降下してガックリ!

久しぶりの勇上さんは練習不足か50・54早崎さんはスタート前に転んで指を
痛めたせいか、ティーショットが安定せず不本意な成績だった。
2番紅葉ホール
16
10月21日(金) 有馬富士 事務管理部OB会  51
イン
 47  98 7日同じ有馬富士で散々なゴルフだったので、今日はその雪辱戦のつもりでプレー
した。パートナーは野村さん、加地さん、山崎さんと言うことなし。ただし、モイチ
ひとりだけ、75歳以上の特権を利用してゴールドティーからプレーした。しかし時々
力みが入って思うようにいかない。特に11番、15番、18番のミドルでは木に
当てたり、アプローチをミスしたうえ、3パットしたりしてトリプルを叩いた。それでも
ティーショットが安定していたのと、ショートホールでパー3、ボギ-1と崩れなかった
のが大きかった。後半は5番のアプローチ以外、ミスが減ったのでスコアがアップ。

それよりも、今日は一緒に回った加地さんがエージシュートに1打及ばないだけと
いう圧巻の
プレーを見せた。最後の2ホールでパーパットを外したのが惜しまれる。
ということで優勝は38・41=79 ネット64のスコアで加地さんがダントツ優勝。
ハンデ29をもらっていたモイチはネット69で準優勝できた。野村さんは珍しくミス
が多く、100超え。山崎さんは5月に心臓のバイパス手術を受けたばかりなのに
いつも通りの元気なショットをみせたが、後半息切れ?。
15
10月16日(日) 茨木高原 早崎、西田(月例)  48  50  98 7日のゴルフがあまりに酷かったので心配しつつスタートしたが、ティーショット、
フェアウェーショット、アプローチショット、いずれも安定していてミスは数えるほど
だった。お陰で久しぶりに月例で100を切ることができ、ネット69とアンダーが出た。
また、今日はクラブ選手権などの競技も同時に開催されていたので、グリーンを
短く刈り込んでおり、やたらと早くてみんな、3パットはおろか4パットまで出る始末。
そんな中でもモイチは前後半とも18パットで収めることができた。早崎さんは

先週検査入院から戻られたばかりで本調子ではなかった。
翌日の成績表をみたら優勝はネット61でモイチは18位だった!

11番ホール前のススキ
14
10月7日(金) 有馬富士 泉谷、松浦(珊瑚会)  66
イン
 58  124 今週初めからの実家マンション一階テナントの工事に伴う雨漏り対応や隣家との
境界線トラブルに巻き込まれ、ゴルフに集中できなかった。とにかく、このところ
安定していたティーショットで3発もOBするわ、バンカーに入れると13番で二つの
バンカーを行ったり来たりして実に8発、7番では6発も脱出に掛かる始末。
おまけに午後のスタート直前に隣家の親父から理不尽な電話クレームが掛かって
きてみなさんに迷惑を掛けてしまったのでまったくゴルフにならなかった!

お陰様で2回連続のブービー賞と大波賞を頂いた。
13
9月4日(日) 茨木高原
(開場記念杯)
北野、早崎、浦谷  53
イン
 49  102 今日は開場記念杯、4日間のうち最終日を申し込んだ。あいにく台風12号の
影響で午後から雨の予報だったが、台風の進行スピードが遅くなってくれた
おかげで、最後までほとんど雨に遭わずプレーできた。
しかし、ゴルフの方は、最後の6ホールを除き、パットに苦しんだ。前半インは
実に25パット、後半出足3ホールもすべて3パット。短いパットが入らない。
極端な場合は「お先」と言った距離から3パットもあった。パット、ショットとも本来
の調子を取り戻したのは後半(アウト)の4番から。5番、7番パー、4、6、8番を
ボギーで切り抜けたので最終の長いミドルをダボにしたものの何とか49に収めた。
北野さん、早崎さんは惜しくも後半乱れた。今日もバンビが現れた。
あとで成績表を見てガックリ。ダブルぺリアのハンデが何と19.2と実力より10も
厳しい数字になったため、180人中168位と惨めなもの。早崎さんは160位と
飛び賞に恵まれた。
 
12 
8月7日(日) 茨木高原 北野、早崎(月例)  49  52  101 今日は実家のテナント問題がほぼ決着して気楽にプレーできたうえ、開始早々
2番ショートでU4のティーショットをピン傍につけ、バーディを取ったのが効いて
16番まで49・49のペースで来た。ところが17番ショートでイージーパットをミス
しておかしくなり18番ティーショットを右にOBして自滅してしまった。

それにしても今日はとにかく暑かった。高原でも優に30度は超えていた。北野さん
も早崎さんも暑さのせいか、いつもの調子が出なかった。
11
7月29日(金) 有馬富士 珊瑚会  54  48  102 今日は暑さもさることながら実家マンション一階店舗のテナント探しの山場を
迎えてプレーの途中で何度も携帯電話とメールで不動産業者とやり取りをして
いたのでいささか集中力を欠いた。特にそれが6番、14番に現れた。6番は
目の前のバンカーにわざわざ入れて脱出に3打を要したし、14番はアプローチ
の距離を間違えてグリーン奥にOBしていずれも9を叩いた。ゴルフの調子
そのものはそれほど悪くなかったので後半は40台で回れた。
大橋さん
10
7月3日(日) 茨木高原 北野、早崎、金丸  58  54  112 朝、クラブバスで山を上っていたら、マイカーが次々と下ってくるので何事か?と
思ったら、クラブハウスに到着して分かった。朝から濃い霧のためスタートができず
つい先ほど月例競技が中止になったのだ。やりたい人はあらためてスターターに
申し込め、というので我々3人は霧も晴れたし、折角きたのだからと練習ラウンドを
することにした。結果はご覧のとおり惨憺たるもので、特にアウト・インの出足は
いずれも9を叩く乱調で前半は8番のパーを除けばあとはダボとトリプルばかり。
後半はショットが改善して少しマシになったが、パー2つ、ボギー2つの他はダボと
トリプル。前半は早崎さん、後半は北野さん、にそれぞれ完敗。フェアウェーでの
ウッドやユーティリティのトップが多かった。パーを取れたのは8番、11番、18番
の3つ。10番はティーショットを目の前の池に入れたうえ、第3打、第6打を右に
OBして8オン1パット。ビールと暑さのせいにしておこう!とにかく蒸し暑かった!
6月11日(土) 茨木高原 山田、徳永(六三会)  49  51  100 明日、宇治で開く小学校同窓会にくっつけた恒例のゴルフ会。ゴルフ好きの
山田君が今年初めてのゴルフというからどうしたのか尋ねたら、昨年2月の
転倒がもとで頭蓋骨に血が溜まっているのが判明し今年3月手術で血を抜き
取ったため、と。その山田君、ティーショットは本領を発揮したが、フェアウェー
ショットとアプローチに実戦不足を露呈し、不本意な成績だった。それに対し、
徳永君がティーショット、アプローチとも絶好調で特に後半はずっとボギーを
キープし、17番ではパーを取って45を切りそうな勢いだった。18番で力が
入ったのか、ダブルスコアを叩いたが47、トータル97で上がりモイチを
焦らせた。モイチはショット、パットの確実性が今ひとつでひとつもパーを
取れないまま、3ホールで池ポチャやシャンクでトリプルを叩いたのが響いた。
今日鹿や野ウサギを見つけてパチリ。
 
6番グリーンを上ったところ。   10番ティーグラウンド横の仔鹿
18番ティーグラウンド横(17番との間)
悠々と笹の葉を食べていた。
 
6月5日(日) 茨木高原 北野、早崎(月例)  55  54  109 西日本の広範囲に入梅宣言が出たと思ったら昨夜から雨が降り出した。ヤフー
の「ゴルフ場の天気」を見たら今日は朝から午後3時ごろまで弱い雨模様。
北野さんと早崎さんからメールと電話で止めようかと相談があったが、「山は
見えているし、予報を見ても弱い雨で午後には止むとあるからやりましょう」と
強気に決行することにした。
午前中こそ合羽を着てプレーしたが、午後からは雨も止み、3時過ぎには
晴れ間さえ出てきて結果オーライ。雨が嫌いな勇上さんはキャンセルで結局、
北野、早崎、モイチの3人でプレーした。しかし、スコアは雨とあって思うように
いかず3人とも不本意な成績に終わった。モイチはショットは悪くなかったが
パットが悪すぎた。4パット1回、3パット7回を含めトータル43パットでは折角の
ショットが台無しだ。
18番ティーグラウンドに鹿
 
5月11日(水) 倉敷 沖野会(沖野、大林)  54  50  104 沖野会、今年は名門倉敷カントリー。84歳の沖野さんはじめみんな80歳に
近いので堂々とゴールド・ティーからプレーしたがそれでも距離はタップリあった。
出足の1番ロングは第2打のスプーンが先っぽに当たって右崖下へ。OBかと
思ったらセーフでそこから松林越えショットが悉く木に当たって上らず、結局
7オン1パットの8を叩いた。そのあと、ショットの調子は徐々に戻ってきたが、
こんどはアプローチとパットが思うようにいかず前半はダボペースがやっと。
後半の13番以降からようやくボギーペースとなったが時既に遅すぎた。
メンバーの中では幹事役の満恵川さんが51・46の97でダントツ。あとはみんな
10Xの不本意な成績だった。前日は朝から雨で、今日も予報では雨だったのが
沖野さんの念力?で雨は止み、一時は晴れ間も見えたほど。しかし、みんな
雨に濡れたフェアウェーとバンカーには手こずった。
5月1日(日) 茨木高原 月例(勇上、早崎)  55
イン
 47  102 今日も調子は悪くなかったが、月例のノータッチ・ルールが響いて、前回より少し
ミスが増えた。特に前半14番ロングで3つナイス・ショットを続けたが、バンカー
越えの第4打を打とうと思ったらボールがディボットにあり、強めに打ったらトップ
してグリーン・オーバーのOB!元に戻って打ち直したら今度はバンカー。そこで
脱出に2打をロスして結局、8オン2パットの10を叩いた。後半はアプローチが
よく、ミスの出た3ホールでダボを叩いた他はボギーペースを維持できた。いつも
前半の荒れる勇上さんは出足4ホールはショットが安定し、ボギーペースだったが
14番の途中からショットが曲がり始めたうえ、バンカーでも苦労するなど乱れた。
12月の月例以来という早崎さんはショットが快調でしばしばモイチをオーバー
ドライブ。しかし、パットはカップの縁、数センチで止まってしまうことが4,5回も
続いたものだから、後半にはパットから調子が狂い始めて4パット、5パットまで
やらかして自滅してしまった。あとで聞くと、後半は久しぶりにゴルフで疲れが
出て最後までプレーできるか危ぶんだくらいだった、と。
11番谷越えショートホール165y
4月27日(水) 伊東 小松、前川  48  50  98 伊東CCで100を切ったのは調べてみたら平成16年以来、実に12年ぶり!
先日有馬富士でパーを7つ、特に全ショートホールでパーを取った時の勢いが
まだ続いていた。ここ伊東でも全てのショートホールでパーを取れた。それも
後半インの二つは奇跡的なものだった。13番145ヤードでは右サブグリーンの
右バンカーに捕まり、サンドでは遠すぎるのでピッチングでホームラン覚悟で
打ったら何とピン傍30cmにオン。15番200ヤードの長いショートでは第2打が
グリーンからこぼれてエッジの傾斜下、パターで強めに打ったらチップイン、と
自分でも信じられないショットの連続だった。今日はドライバーが割合安定して
いて、いつも大叩きの原因となる谷越えショットを全て成功させた。お陰で
トリプルは2回だけで済んだ。パートナーの地主小松さんはいつになく不調で
100を大きく越えてしまった。前川さんはショットが安定し、前半を46で纏め、
後半も終始一歩先を進んでいたが、15番のショートで右下に落としてトリプルを
叩くなど、上がりの4ホールでミスが続いて惜しくも100になってしまった。
小松さんから「往年のショットを取り戻しましたね」とのコメントをいただいた。
4月18日(月) 有馬富士 珊瑚会  48  52  100 今日は最近では珍しくショットが安定していたうえ、苦手のアプローチがうまくいき
寄せワン・パーが7つも出た。それでも100を切れなかったのは5番、6番、7番
と16番での大きなミスが原因。5、6番はバンカーで5つ叩き、バンカーを避けた
7番は池ポチャ、16番は軽率な4パットとこれらの4ホールだけで14オーバーと
集中的に崩れた。しかし、本格的ゴルフシーズンに入って苦手のショートホールで
全部パーを取ったのをはじめ全般的に復調の兆しが見えてきたのが嬉しい。
4月3日(日) 茨木高原 月例(北野、勇上)
 56  54  110 今年初めての月例参加。早崎さんがお孫さんのお守りで福岡に出向いておられる
ので欠席となった。ティーショットが不調のため典型的なダボペース。唯一のパー
チャンスだった17番ショートで折角ワンオンしながら3パットして逃した。
北野さんは51・51とまずまず、勇上さんも53・45と後半実力を発揮した。
3月25日(金) 太平洋宝塚 エースの会 55  53  108 ようやく今年の初打ちとなったが、お彼岸を過ぎたというのに2月並みの寒さには
参った。特に風が冷たく午後にはミゾレまで降る始末だった。練習不足もあって
不本意な成績に終わったが、なんとか百獣の王だけは避けられた。
 


平成27年のゴルフ成績表(特に注記のないものはアウトスタート)

月日 場所 メンバー 前半 後半    コメント 回数
12月24日(月) 有馬富士  泉谷、杉江、尾上  60  55  115 先週、実家経営上の大問題が発生し、昨日、それが確定したのでショックのあまり
ゴルフに集中するどころではなかった。しかしそれでもティーショットはドライバー、
ユーティリティ、アイアンとも3番ホールの引っ掛けOBを除けば距離、方向とも好調
だった。問題はバンカーで、5回捕まって脱出に14打も要してしまった。当たりが
良すぎて運悪く入ったのが3回、トップしてわざわざすぐ前のバンカーに捕まったのが
2回あったが、今日はそのバンカーショットがすべて。前夜の雨でバンカーの土が
濡れて硬かったこともあるが、臨機応変のショットをマスターしないといけないと痛感。
泉谷氏が44・45の89、尾上氏は55・51と、完敗の打ち納め。
 22
12月6日(日) 茨木高原月例 早崎  62
イン
 55  117 右手指の故障もあって1ヶ月間クラブを握っていなかったうえ、金・土と義母の49日
で金沢に行っていたのでクラブがまともに振れなかった。特に前半は17番ショートの
パー以外はトリプルかダブルスコアという体たらくでゴルフにならなかった。
いつものメンバー北野さんが所用で、勇上さんが風邪気味でキャンセルされたうえ
入る予定だったほかのメンバーも結果的に来なかったので早崎さんとふたりだけで
回らせてくれた。お蔭で冗談などいいながら気楽にプレーできたが、各ショットが
やや粗雑になった感は免れない。後半、やや改善したがダボ止まりの冴えない
ラウンドとなった。
 21
11月4日(水) 太平洋宝塚 エースの会  49  59  108 今日は出足ホールのユーティリティによる第2打で右手指の激しい痛みを感じたが
そのあとは、それほど強い痛みを感じることもなく、特にグリーン近くの寄せも
ソケットしたり、シャンクしたりすることなく、スムースに打つことができた。お蔭で
前半はパーなしながら49で上れた。後半も10番で第2打をグリーン右にロストして
トリプルを叩いたほかはボギーまたはダボで51-2で上れそうな調子だったが、
16番右ラフ斜面からの難しい第3打を無理して遂に深いバンカーに入れてしまい
脱出に5打を要して万事窮すことになった。18番でも似たようなトラブルから
また深いバンカーに入れてダブルスコアを叩き、危うく60になるところだった。
右手指の痛みについてはどうやら上半身の筋肉の衰えが影響している感じなので
暫くはそちらの方のトレーニングに注力してみたい。
 20
11月1日(日) 茨木高原 北野、勇上、早崎
(月例)
 60
イン
 55  115 先週、珊瑚会ゴルフの後半、痛いながらもスウィングをそれなりに修正して大きく
改善していたので今日もそれを踏襲してやっていこうと思ったが甘かった。
上手く適応できたショットもあったが、その前提となるティーショットが前半不調で
セカンド以降に負担が掛かったのと、難しいアプローチを残すことが多かったこと
から右手の障害がもろに影響してOBやチョロなどミスが続いた。
後半は4番までほぼボギーペースできたが、5番で第3打をバンカーに入れ、脱出
に3打を要した上、3パットして9も叩き、がっくりしてダボペースになってしまった。
そんな中で唯一うまく行ったのが9番の長いミドル、いいショットを3つ連ねて3オン
2パットで締めくくれた。今日は勇上さんのドライバーが好調で46・45で回り、
ネット62をマークしたが、それでも入賞はならなかった。北野さんも好打を放って
いたが、52・49と惜しくも100切りを逃した。早崎さんはいつもと違い、後半
頑張っていたが、如何せん、前半がモイチ以上に悪かった。
 19
10月26日(月) 有馬富士 珊瑚会  61  52  113 いよいよ、右手指の異常が本格的になってきた。19日のゴルフのあと義母の葬儀も
あってクラブも握らず安静にしていたので痛みそのものはなくなっていた。安心して
プレーに臨んだが、いざクラブを振ってみるとまた痛みが出てきて、ティーショット
以外は右手の押さえが利かず、ほとんどのボールが右へ飛んでしまう。それを
修正しようとヘッドを被せ気味に打つとやはり左に引っ掛けでトラブルになる。
特に前回と同様、ピッチングのアプローチがうまく上らずわざわざバンカーに入れて
しまう。バンカーからはいつものショットが出来ず3つも4つも叩いてしまう。今日の
前半5ホールは特に酷く18オーバーとゴルフにならなかった。6ホール目以降、
痛いなりに打ち方を工夫してなんとかボギーペースになってきたが、13番でティー
ショットをバンカーに入れ、浅いのに3度もあごに当てて結局5オン3パットの8を
叩いた。後半は40台をと頑張っていたのにガックリ。大波賞を取れたのがせめて
もの慰め。優勝は惜しくもエージシュートを逃した泉谷さん(40・40)がダントツ。
 18
10月19日(月) 有馬富士 事務管理部OB会  53
イン
 54  107 昨日、月例を終えて帰宅したら、土曜日から金沢に行っていた家内が帰宅したもの
の、母親の容態が急に悪化しており、心配だという。案の定、21時前に心不全で
死亡との連絡が入った。家内は朝一番にとんぼ返りで金沢に戻ったが、モイチは
ゴルフ会を終えてからすぐ行くことにして深夜まで準備に追われた。そんなことで
指のシップもやり忘れてプレーに臨んだ。指が痛いのでゴールドマークの権利を
行使したが、ティーショットはなんとかまともに打てても、セカンドショット以降が
上手く打てず、右の方に飛んでしまうのでトラブルショットの連続、昨日の後半と
同じくダボを取るのがやっとという状態が最後まで続いた。パートナーの野村さんが
シップ薬をくださったり、苦しんでいたアプローチをピッチングではなく、ユーティリティ
を使うようアドバイスしていただいたりして何とか最後までプレーができて百獣の王
を避けることができた。野村さん、ありがとうございました。優勝は車に乗せてもらった
浜野さん、グロス94ネット71、準優勝がパートナーの新海さん、グロス101ネット
74、3位が野村さん、グロス89ネット75とご一緒した人たちが大活躍しただけに
おめでたい反面、悔しさが残った。これも義母死去を知りながらゴルフをしていた
天罰か!この分では葬儀を終えたあとの26日の同期会ゴルフが心配だ。
17
10月18日(日) 茨木高原  北野、早崎(月例)  52
イン
 56  108 久しぶりにインからスタートしたが、11番、13番でティーショットをチョロしてOB。
最近、ティーショットが安定していたのでチョロしてのOBは物凄いショックだった。
さらにすぐあとの14番ではこのところ好調だったスプーンとユーティリティまで
おかしくなり9も叩いてしまった。後半になると今度は右手の中指から小指がまるで
突き指したように痛くなりはじめ、特にアイアンショットがまともに打てなくなった。
そのため、折角グリーン近く行っていてもアプローチがうまく打てずダボを取るのが
やっと。翌日も連チャンなので心配。これに対し、今日は北野さん、早崎さんが前半
それぞれ47、51と絶好調で二人ともネットはアンダーの入賞チャンスだった。
後半乱れたのが惜しい。モイチの不調が足を引っ張ったのが申し訳なかった!
16
10月9日(金) 有馬富士 杉江、泉谷、尾上  52  47  99 今日は19日と26日のコンペに向け絶好の練習ラウンドとなった。しかし、前半は
7番と9番で大誤算。まず7番は最近2回グリーン前のバンカーで失敗しているので
これを避けようとしたが当たりが良すぎてまたバンカーに捕まり、大きめに打ったら
向こうのバンカーと結局トリプル。それを挽回しようとした9番はセカンドを先っぽに
当てて思わぬOBとなり、9も叩いて50を超えてしまった。それでもティーショットが
安定していたので後半はバンカーに入れてトリプルを叩いた12番を除き、ボギー
ペースで纏めたので辛うじて100を切れた。やっぱりティーショットが安定しないと
ゴルフはスコアが作れない。泉谷さんは前半を4番から9番まで1オーバーと41で
回り、後半も1パー8ボギーの44で纏めた。尾上さんも出足の3ホール
を除くと大きな乱れがなくほとんどをボギーペースで回ってご機嫌だった。
 15
9月13日(日) 茨木高原 北野、勇上、早崎
(月例)
 53  49  102 昨夜、帰国する仏語の先生の送別野外パーティで二日酔い気味だったのと血圧が
高く、朝から眠たくて仕方がなかった。しかし、高原に来てみると涼しく、久しぶりに
いつものメンバーが揃ったこともあり、キリッと気が引き締まった。出足のミドルこそ
折角の良いティーショットを第2打、第3打のミスで台無しにし、ダブルスコアを叩いた
が、次のショートでパーを取り、息を吹き返した。あとは12番以外大きな乱れがなく、
ドライバーの感触も取り戻せた。北アルプスから戻った勇上さんは疲れが残っている
のか、いつもの精細なく、北野さんも自転車事故の後遺症?から本調子ではない。
早崎さんは後半、大分ショットの調子を取り戻したが遅すぎた。
 14 
9月4日(金) 茨木高原 早崎、嶋岡、北野克
(開場記念杯)
 57  52  109 今日は北野さん、勇上さんが急に都合が悪くなって早崎さんと二人だけになり、他の
メンバーと一緒になった。今朝は血圧が高く頭がボオッとしたままスタートしたが
案の定、最近好調だったショットが乱れ、OB2、池ポチャ2のほか、バンカーのあご
に捕まったりして散々の出来、開場記念杯はダブルぺリアだといってもミドルで10
とか8を叩いては救われない。そういう時はパットまで運に見放され、5打を損した。
とにかく今日はコメントのしようがない。
13
8月2日(日) 茨木高原(月例) 北野、勇上、早崎  50  48  98 早崎さんが今年初めにスコア枚数不足でクラブハンデを喪失して以来奮起して4月
から7回も高原に通い、遂にハンデ復活を果たされた。お蔭で今回は8ヶ月振りに
月例にも復帰され、恒例のメンバー4人で楽しく回ることができた。しかも、早崎さん、
前後半ともすっかり昔の調子を取り戻し、53・52=105ネット65という上位入賞も
狙える好スコアをマークしてわれわれを驚かせた(結果は惜しくも165人中11位)
他方、急に開いたタクシーのドアーに衝突して怪我をした北野さんも同時に復帰し、
前半は49を出して安心させた。6月月例は94で惜しくも4位だったという勇上さん
は内転筋(太ももの内側)を鍛える運動を始めてかえって腰を痛め、ショットが安定
せず4OBを叩いて不本意な成績だった。モイチはミスは出たが、基本的には30日
の好調を維持してまずまず。久しぶりに月例で100を切れた。後半連続トリプルの
スタートだったが、12番パー13番バーディで息を吹き返した。特に13番はスプーン
の第2打を会心の当たりでピン傍50cmにつけ、久しぶりにミドルのバーディだった。
12 
7月30日(木) 有馬富士 正木、玉井、  46 43  89 暑かったあ!今年のベストスコアを記録したものの、ズボンまで汗で濡れてビッショリ。
18番を終わってすぐ風呂にザンブリして救われた。スコアがよかったのは、ゴールド・
ティーから回ったのと、このところ好調なショットを維持できたこと。失敗は先日失敗
した7番ミドルの第2打でバンカーに捕まり脱出に3打を要したうえ3パットをやらかして
ダブルスコアを叩いたほかは大したミスがなかった。

(玉井さん撮影・提供)
このメンバーで一緒にプレーするのは3年ぶり。正木さんが誕生券でメンバー並みの
優待プレーのうえに豪華食事券まで付けてもらったので、ステーキなどをご馳走に
なった。
11
7月15日(水) 茨木高原 北林、杉本  52  52  104 このメンバーでプレーするのは丁度1年ぶり。まだ梅雨が明けていないうえ、台風
11号が接近中なのでヤキモキしていたが、上ってくれば高原の涼しい風が爽やか
で絶好のゴルフ日和となった。下界より3-5度は低いとはいうものの、やっぱり
夏の日照りは暑い。昨夜10時頃、金沢から義父がいよいよ危ない連絡が入って
明け方の3時過ぎに亡くなるまでまんじりともしない家内に付き合って睡眠不足気味
だったので少々バテ気味だった。いつになくミスショットを連発する場面があって
スコアはあまりよくなかった。北林さんは後半パットが冴えて46をマーク。
10
7月6日(月) 有馬富士 珊瑚会  51
イン
 51  102 今日は軽く95-96あたりで上れた筈なのに、前半14番ロングと後半7番ミドルで
大叩きしたのが悔やまれる。14番はスプーンで打った会心の第3打が右ラフで
ロストして9、7番ミドルでは第3打がグリーン前のガードバンカー、それも深いあご
に捕まり、打てども打てども脱出できず、6打目でやっとグリーン・エッジへ、結局
10オンの12を叩いてしまった。バンカーの大叩きは5年ぶりくらいかな?

他のホールはショートが4つともパーだったのをはじめ、ほとんどボギーペースで
回っていただけに残念で仕方がない。昨日の月例無理してでも参加しておくべき
だった。パートナーの泉谷氏は42・46の88で準優勝、大木氏は前半優勝ペース
だったのに後半、急にショットが乱れて大波。モイチは何とか第3位に入賞。
 
7月5日(日) 茨木高原 月例       北野さんが負傷で不参加のうえ、天気も今ひとつなので勇上さんと打ち合わせ
今回は無理をせず取りやめた。
 
6月13日(土) 茨木高原 山田、徳永、酒巻
(六三会)
 47  48  95 昨日と連チャンなので心配したが、逆にショットが安定し、前半のミスは9番の
第2打から第4打までを連続チョロしてトリプルを叩いたくらい。後半も10番と
18番のティーショットをミスしたがいずれも第2打、第3打でうまくリカバリーして
事なきを得るなど、いつものボロを出さずに済んだ。お蔭で今年初の90台を
マークできた。山田君が3月に怪我をしたとかで今日が今年3回目のプレーと
いうことで本調子には程遠く、46・50=96だったので初めてグロスで勝った。
腰痛の徳永君は55・51、初参加の酒巻君は56・48と後半調子を上げた。
6月12日(金) 太平洋宝塚
エースの会
(藤本、大林)
 52  52  104 久しぶりに3組12名のコンペ予定だったが、間際になって宮本さんが膝、入田さん
が腰、それぞれ故障して参加できなくなったうえ、満恵川さんが奈良地区の大雨で
出られなくなって急遽欠席となった。
今日はショットそのものは悪くなかったが、出足1番ロングと後半12番ロングで
バンカーに捕まり、夜来の雨で硬くなった砂に対応できず9を叩いたのと、パットに
弱気が出て3パットを連発したのが痛かった。優勝は42・38のベスグロを出した
加地さん、2位は前半37と絶好調だった伊藤プロが後半乱れて逆転された。
3位には47・48と久しぶりに安定した浜野さんが入った。モイチは前々回優勝の
ハンデアップが響いてブービー賞。
6月7日(日) 茨木高原 月例(勇上、高井、
谷川)
 49  54  103 今日は北野さんが数日前、自転車事故で足の親指を骨折したため、急遽不参加。
他の2人組と合流した。前半のアウトは、出足の1番でアプローチをミスしてバンカー
に入れ、トリプルを叩いたほかは割合ショットが安定し、久しぶりに50を切れた。
しかし、後半のインに入ってから、ドライバー、フェアウェー・ウッドとも先端部分に
当たるようになり、思うように距離を伸ばせなかった。そのため、アプローチにミスが
出て、14、15、16番で連続トリプルを叩いて100切りはならなかった。
 
勇上さんはこの日、堅調で47・47=94(ネット65)と安定していた。
 
5月14日(木) 太平洋御殿場ウェスト 沖野会  52
イン
 53  105 前日と違ってショットが不正確となり、14番でOB2発の10、15番で寄せに
失敗してダブルスコアの8を叩いたのをはじめトリプル以上が5ホールもあった。
この日も素晴らしい天気であちこちで富士山を眺めながらゴルフそっちのけで
カメラをパチリ、パチリとやった。今日のベスグロは入田さんの96でモイチは
満恵川さんの98に次いで3番目だからまあいいか。
 
             
5月13日(水) 太平洋御殿場 沖野会  51  51  102 台風6号の影響で前夜大雨が降ったが、今日は五月晴れで富士山も麓まで
くっきり見えた。ゴルフもさることながら写真班として忙しかった。しかし、
ショットが安定していて、いつものトリプルが出ず、スコアは6人の中のベスグロと
なった。次が満恵川さん、入田さんの107だったから我ながら立派なものだ。
ただ、18番の名物ホールで力が入って最後にトリプルを叩いたのが悔やまれる。
プレーの様子などはここをクリックください。
 
           

 18番ホールのグリーン
 
5月3日(日)  茨木高原  北野、勇上、 51
イン
53  104 今年初めてのホームコース、それも月例競技。早崎さんが提出カード枚数不足で
今期のハンデをもらえず月例に参加できなかったので北野さん、勇上さんと3人で
回った。イン・スタートの前半は10番、12番で第2打を僅かなところで右にOBした
ほかはまずまずのショットで、51で収まった。後半は百を切りたいと48を目指した
が、6番ロングでついにショットが乱れてバンカーに捕まり9を叩いて万事窮した。
勇上さんも今日は100を切れず残念がっていたが、今日が今年の初ゴルフという
北野さんも不本意なスコアながら後半ショットの感触を掴んだようで上機嫌だった。
  
4月16日(木) 伊東 小松、前川  52  55  107 胸部の打撲傷が治りきらないうちに今度は風邪をひいてしまい、伊豆のゴルフまで
に練習しておこうと思っていたのにできなまま本番に臨む結果となった。前日まで
の雨模様が嘘のように晴れ上がって絶好のゴルフ日和。強風が吹き荒れるという
天気予報だったが、スタート時は風も穏やかで文句のつけようがなかった。ただ、
白ティーから回ったもののこれがほとんどバックティーに近く、谷越えのコースが
厳しかった。前半はミドルホールでOBや黄杭に打ち込んでダブルスコア2回と
トリプル1回をやってしまったが、他はパーひとつにボギー5つと6日より大分
締まってきた。後半も同じような感じで谷越えなどで50位のペースだったが、
上がり3ホールで予報どおりの強風が吹き出し、ショットが乱れてきたうえ、連続
シャンクが出て予定を上回ってしまった。地元小松さんは前半48で100切りを
狙ったが強風でペースを乱され103とオーバーしてしまった。前川さんも後半乱れた。

 
4月6日(月) 有馬富士 珊瑚会  58 57 115 胸部の打撲傷が痛くてクラブが満足に振れないのではないかと心配していたが、
兎に角、最後までプレーできたのが今日の一番の収穫。スコアはメタメタだが、
それは打撲傷の影響というより4ヶ月振りのゴルフだったため、アプローチやバット、
バンカーショットにミスが多発したのが主因だったように思う。特にティーショットは
腕だけのショットになりがちだったが、パートナーの奥山君が感心するくらい普通
に飛んでいた。来週は伊豆高原でのゴルフだが、これなら何とか格好がつきそう。
しかし、アイアンは肋骨に響くことが多かったし、シャンクが出たりしたので練習して
おかなくては。



平成26年のゴルフ成績表(特に注記のないものはアウトスタート)

月日 場所 メンバー  前半  後半   計  コメント  
12月27日(土) 茨木高原 北野、勇上  49
イン
 53  102 今年の忘年ゴルフ。 いつもの月例メンバーで企画していたが、早崎さんが風邪を
引かれて関節が痛いと急に欠席になったので3人で回った。高原はスタート時、気温
2度と低く、時折り小雪がチラつく不安定な天気だったが、一応最後まで支障なく
プレーできた。寒さの割には今日はショットの調子が安定し、ボギー・ペースを基調と
し、ミスをしたホールではダボを叩く、しかしトリプルは出さないというモイチとしては
非常に堅実なゴルフが続いて、前半は久しぶりに49で上がった。後半も5番までは
同じようなペースできたが、6番でグリーンを狙った第4打をミスして右サイドバンカー
に入れたのを切っ掛けにミスが続き7オン2パットと乱れてしまった。さらに次の7番
ショートではティーショットを正面バンカーに入れ、脱出に2打を要してダブルスコアの
6を叩いた。結局、乱れたのはこの2ホールだけで惜しくも久しぶりに100切りは
ならなかった。勇上さんがかってのドライバー・ショットを取り戻して長打を重ね、パット
までよくなって44・49で上がった。北野さんは時折り素晴らしいドライバー・ショットを
見せていたが全体的には安定せず、不本意な成績で本年の締めくくりとなった。
 20
12月7日(日) 茨木高原 北野、早崎(月例)  58  51  109 今日は勇上さんが都合で来れなかったが、早崎さんが7月以来5ヶ月ぶりに参加。
「当たるかどうかも分からん」と言っていた早崎さんが出足から安定したショットを見せ、
3日の不調を引きずってモタモタしている北野、山本の二人をグロスで終始リードして
前半をイーブンパーで終えた。後半ようやくわれわれもエンジンがかかり始め、北野
48、山本51と挽回して面目を保ったが、早崎さんは後半も好調で大きく乱れることも
なく54の2アンダーで回った。「ハンデをもらうには年内あと2回来ないといけない」と
27日忘年ゴルフのほか、20日もひとりで高原に来るという数え80の張り切りぶりに
われわれ二人は圧倒された。それはともかく、北野さんは後半調子を取り戻したが、
モイチは後半15番までパット、特に短いパットが強すぎたり引っ掛けたりと乱れに乱れ
4パットを含め3パット以上を5回もやってしまった。早崎さんから「早打ちすぎる」と
アドバイスを受け、最終3ホールでボギー、パー、ボギーと盛り返すことができた。深謝。
 19
12月3日(水) 茨木高原 北野、勇上、垣本、  60  59  119 今日はとにかく今年最悪だった。「白鶴杯オープンコンペ」に参加したのだが、何しろ
真冬並みの寒波が襲来したとあって朝7時45分のスタート時の気温は-2度。
グリーンは凍っていてカンカラカン、バンカーも同じ、おまけに寒さでスィングのとき
手が伸びていないのでボールがヘッドの先に当たってミスショットの連続。
良かったのはスプーンとユーティリティによるフェアウェーショットだけ。パットもダフリ
を連発して5パットをやるなど散々の1日だった。他の3人も106の北野さんを除き
百獣の王。スタートが早かったので3時前に帰宅できた。
 18
11月17日(月) 太平洋六甲 エースの会(大林、木坂、宮本)  48  65  113 今日は前後半でまったくの別人を演じてしまった。前半はドライバーとスプーンが安定し
ロングヒッターの木坂、宮本の両プロにピッタリくっついて同スコアの48で上がれた。
これで前回優勝もフロックではなかったと証明できたと思って後半に臨んだが、昼食の
ビールで気が緩んだか、ペチャペチャ喋りながら午後一番のティーショットを打ったら
ヘッドの先端に当たって右80度くらいのOB。打ち直しの第3打は左ラフへの天ぷら。
そこからのユーティリティのいい当たりが運悪くカート道に跳ねてまたOB、さらに最後は
バンカーに入れて10オン1パットの11も叩いてしまった。崩れた体勢を立て直そうと
したが、グリーンへの池越えとなる12番で届いたと思ったピッチングと9番アイアンの
ショットが連続池ポチャして万事窮す。あとは前半の快調ぶりはどこへやら、チグハグ
なショットが続き、練習不足を露呈してしまった。
 17
11月2日(日) 茨木高原 月例       天候不良のため参加中止。  
10月14日(火) 有馬富士 事務管OB会       台風19号のため中止。  
10月1日(水) 茨木高原 北野、杉本、垣本  53  56  109 10月月例に参加できなくなった代わりにセットアップした練習ラウンドだが、今日は
前半から今ひとつ調子に乗れず、特にPWのミスが続出してダボ・ペースが続いた。
4番、5番でボギー、パーと息を吹き返したものの、6番ロングの第4打、第5打の
ショートアイアン失敗でトリプルを叩くと、9番でも第3打をシャンクしてバンカーに入れ
またトリプルと自滅した。後半気を取り直して出足3ホールをボギー・ペースと落ち着いた
のに、13番ミドルで自分ではちゃんと打てたつもりのティーショットがカート道をコロコロ
転がって100ヤードくらいのところに戻っていた。ここからショットが乱れに乱れ、最後
にはまたシャンクまで出て8のダブルスコア。15番でもアイアンの3連続シャンクで
またダブルスコアの8を叩き、すっかり最近の自信をなくしてしまった。
逆に最近不調を嘆いていた北野さんが後半すっかりショットを回復して48で上がった。
 16
9月24日(水) 茨木高原 山田、徳永(六三会)  46  52  98 雨で途中中止となった6月7日の六三会ゴルフのやり直し。しかし、今回も台風16号
の襲来で午後から雨の予報だった。ひどい雨になったらいつでも止めようという開き直り
でスタートしたら、雨に降られたのは17番ショート・ホールだけで幹事としてホッとした。
前半のアウトはティーショットが安定していたうえ、ユーティリティも調子よく、思うように
ゴルフができた。ただし、パットが弱気で中盤の3ホールで入れごろ、外しごろのパー・
パットをことごとく外し調子に乗れなかったのが痛かった。それもすべてバンカーなどから
のアプローチ・ショットが上手く寄ったあとだけにショックが大きかった。
後半は山田くん、徳永くんの調子がよくなったためモイチに焦りが出て、ショット・ミスが
目立ち、二人に大きく水を空けられた。特に山田くんは6パー3ボギーの39を出し、
しばしばその山田くんをオーバー・ドライブした徳永くんも45を出した。結局、山田82
(43・39)、徳永98(53・45)、モイチ98(46・52)となった。
 15
9月14日(日) 茨木高原 月例(大西、小林、別所)  52
イン
 55  107 今日はいつものメンバーがみんな都合が悪くなって不参加となったが、絶好のゴルフ
日和なので時差ぼけ調整にいいと思ってひとりで出かけた。丁度インの同じ時間に
空きがあったので入れてもらった。心配したティーショットに大きなミスはなかったが、
ピッチング・ショットにミスが多く、アプローチでグリーンを行ったり来たりしたり、わざ
わざ目の前のバンカーに入れたりして、パーはもちろんのことボギーすら取れない
ダボ・ゴルフとなった。しかし、イン・アウトとも最後の3ホールは、感触が戻り、ボギー
ベースにできたのでまずよしとしよう。
 14
8月3日(日) 茨木高原 月例       雨模様のため参加取りやめ。  
7月30日(水) 茨木高原 北林、杉本、浜野  47  49  96 杉本氏とはほとんど1年ぶり。前半は高原らしい爽やかな天気で気持ちよくスタート。
4人とも70歳代なので「堂々とゴールド・ティーから回りましょうや」「賛成、サンセイ!」
ということになったが、さすが前からだと精神的に随分と楽だ。ミスさえしなければ大体
ボギー・ペースで上がれる。前半は特に浜野さんが絶好調でパー3つにバーディもあって
43で上がって北林さんの44を上回るほどだった。モイチは二人に引っ張られて47で
上がれた。後半も順調にスタートし、ボギー・ペースで行っていたが、14番のロングで
第4打のピッチングをトップしてOBし、10を叩いたが、残りをボギーペースでしのいで
何とか49で収めることができた。結果は北林91、浜野93、杉本109とまずまず。
特に杉本氏は後半51と健闘した。
 13
7月21日(月) 有馬富士 杉江、泉谷、尾上、  52  51  103 どうやらタイミングよく梅雨も明けたようで蒸し暑かったが前日のような雷雨もなく、
いつものメンバーで楽しくプレーできた。出足の1番ロングでティショット、セカンドとも
会心の当たりで3オン2パットと好調のスタートを切り、今日は行けるぞと勇んだが、
5番、6番のミドルを右OBで連続トリプルを叩いて失速した。後半の15番、16番ミドル
でも第2打、第3打をミスして連続トリプルを叩いてしまった。これは暑さでちょっと水を
飲みすぎて集中力を欠いたのが原因。一緒にレギュラー・ティーから回った泉谷氏は
45・53とやはり後半、暑さでいつもの正確性を保てなかった。そんな中で尾上氏が
53・50と珊瑚会優勝の余韻を残していた。
 12
7月7日(月) 関西クラシック 珊瑚会(泉谷、奥山、有村) 46
湯谷
 50
清水
 96 今日は朝から雨模様だったのでスタート時から雨具をつけ、ハーフだけでも出来れば
御の字という感じでプレーをしたが、雨は数ホールで止んだ。昼食後の後半も初めに
少し降っただけで、あとはほとんど雨は降らなかった。スコア的には雨の降っていた
午前、午後の出足でミスが重なり、湯谷1番トリプル、清水1番ダボ、2番ロング9と
大叩きしたのが痛かったが、まずまずの成績だった。優勝は98(ネット84)で回った
尾上さん。2位、88(ネット86)の泉谷さん、3位、88(ネット87)の大橋さん。
今日は昨日、不調だったピッチングの寄せが割合上手く行ったが、後半ティーショット
の力みから左にボールを引っ掛け気味となりラフ斜面から第2打を打つ苦しい場面が
多く、そこからのユーティリティ・ショットをしばしばミスした。
 11
7月6日(日) 茨木高原 月例(北野、勇上、早崎)  57  54  111 昨年のインに続いてアウトのワン・グリーン化が完成したというので今日を楽しみにして
いた。しかし、朝まで降っていた雨の影響もあってか、新グリーンの走りが遅く、パットに
手こずったうえ、得意のユーティリティの調子が悪かったのでゴルフにならなかった。

それを挽回しようと後半のインに賭けたが、生憎予報に反して強い雨が降り出した。
上下雨具を付けたうえ、途中からは名物の霧が出て前が見えなくなったりしたので
スコアメークどころではなくなった。結局、勇上さんだけが100のパープレーであとは
みんな百獣の王と相成った。ああ、疲れた!
 10
6月25日(水) 茨木高原 北林、清水、  47  47  94 北林さんから急に誘いが入ったので、7月6日の月例および7日の珊瑚会の練習になる
と思い、実家の仕事で京都へ行くのを先延ばしして出かけた。天気がよかったせいか
大きなミスは6番の第4打をシャンクしてバンカーに入れ、大叩きしたくらいで、あとは
最近の好調なショットを維持し、スコアをまとめることができた。北林さんとは昨年9月
以来だったが、飛ばなくなったと嘆きながらも44・45の89で上がって上機嫌だった。
もうひとり一緒に回ったメンバーの清水さんは奥様が大学同期の村上稔明氏と従兄妹
どおしとわかったうえ、清水さん自身もモイチと同じ時期に丸紅NYに勤務していたそうで
話に花が咲いた。
 
6月7日(土) 茨木高原 山田、徳永(六三会)  -  -  - アウト8番まで来たところで激しい降雨となり、3人ともびしょ濡れになってすっかり
やる気を失った。9月24日(水)に順延することになった。
 
6月4日(水) 茨木高原 北林、杉本、  -  -  - 雨のため、7月30日に延期。   
5月30日(金) 太平洋宝塚 エースの会(満恵川、宮本)  51 47  98 エースの会で5年ぶりにネット69のアンダーで優勝!
今回から新年会で発表された新ハンデで競技を行うことになり、29を貰っていたので
絶好のチャンスとは思っていたが、考えてみれば他の人も同じ条件であり、まあ優勝
は無理だろうと半ば諦めていた。実際、前半を終わったところで昼食時にスコアを
聞いたら大林さんの49をはじめ、宮本46、木坂44、満恵川45とネットで36前後が
ずらり。余程頑張らないとダメだった。後半スタートしてみると、ボギー、ダボ、ボギー、
パーといい感じだったのに14番で第3打をシャンクして右斜面のラフに打ち込み、
第4打を見事に空振りして第5打でようやくオンのトリプル。そのあとダボを二つ続けた
ところでスコアを数えるとまだ40だった。よし最終の2ホール(ショートとミドル)をパー
かボギーで上がればで40台、あるいは90台の可能性がある、と元気が出た。
そこへパートナーの満恵川さんから寄せワン・パーで行きましょうと激励されたのが
効いた。2ホールとも寄せがピタッとピンに絡んでパーを取れた。上がってから聞いたら
大林さんは最終2ホールで連続トリプルを叩いたそうで土壇場の逆転劇だった。
5月22日(木) 洲本GC 沖野会  47  56  103 前半は出足のロングでいいショットを連ねて3オン2パットのパーを取って調子に乗り、
6番、8番、9番でややショットが乱れてダボを叩いたものの47が出て、後半に期待を
持たせる出来だった。ところが、その後半はパットが冴えず、10、11、12番と3パット
を連発し、ダボゴルフ。13、14番でボギーを取ってさあこれからという15番ロングで
9番アイアンで高く上げたアプローチショットがグリーンエッジから逆戻りして無情にも
深いガードバンカーに落ち込んだ。最近バンカーに入っても1発か2発で出せたのが、
硬い砂に惑わされて4発目で漸く上へ、結局、10オン2パットの12を叩いて90台は
霧散した。それでも最終18番のミドルで2オン2パットのパーを決めて鬱憤を晴らした。
5月4日(日) 茨木高原  月例(北野、勇上、早崎)  48  54  102 今年初めてのホームコース。それも久しぶりに4人が揃った。しかし、アウトコースが
ワングリーン化工事の真っ最中のうえ昨年ワングリーン化工事が終わったインコース
でもサブ・グリーン撤去やバンカー改造のため、ほとんど各ホールにアンダーリペアの
エリアがあって興を殺いだ。
前半はサブグリーンや仮グリーンのアプローチやパットに苦しめられたが短い距離に
助けられてアンダーパーで回れた。後半はラフからの強引なユーティリティをミスしたり
ピッチングのシャンクが出だしたりして締まらないゴルフだった。みんなハンデが30
前後と不本意なものになって嘆いていたが、今日のネットスコアは、早崎71、勇上72
山本73、北野74とほぼ査定どおりの結果となって「ぎゃふん」。

4月21日(月) 関西クラシック 珊瑚会  44
湯谷
 51
清水
 95 今日は割合ショットが安定していたので前半の湯谷では4ホールでバーが取れたし、
後半の清水でも2番、3番でパーを取ったので、ひょっとしたら久しぶりの80台も可能
かと思った。しかしその途端、ショットに力みが入り、パットもしっかり打てなくなって
ミスが目立ち始めた。おまけに後半は小雨で濡れたグリップが滑って8番では3つの
バンカーを渡り歩いてダブルスコアを叩いた。折角の好調を後半の後半で台無しに
してしまったので2位に入賞したものの何か充足感が得られなかった。ところで、後ろで
回った大橋さんが39・38=77のエイジ・シュートを達成したのには度肝を抜かれた。

4月14日(月) 有馬富士  大西、市川、
(事務管理部OB会)
58  54  112 無理してやった土曜日の練習ラウンドは何だったのか!同じホワイト・ティーから同じ
本グリーンのコースを回って、しかも出足の調子は悪くなかったのに「百獣の王」とは!
今日の受難はアウト2番ホールの第3打から始まった。第1打、第2打と順調に行って
第3打のピッチングも見事バンカーをクリアしてピン手前にオン、と思った途端、球は
ショットが良すぎたのか、バックスピンが掛かって折角乗ったグリーンエッジから無情
にもスルスルと後退、バンカーに吸い込まれてしまった。しかも、ボールは前の人が
残したシューズの踵の穴に鎮座。2発目で脱出したもののショックで6オン2パットの
ダブルスコアとなった。続いて3番ホールの第3打ピッチングをトップしてグリーンを
オーバーし、林を抜けて4番ホールのバンカーまで落ちてしまった。ここから上げるのに
一苦労して8オン・2パットの10。前半はこれがすべてでそのあと取り返そうと頑張った
が、あせりから何事もうまく行かずボギーすらなかなか取れなかった。
気を取り直して後半に賭けたが、12番ホールで同じように第3打のピッチングをミスして、
入れずもがなのバンカーに入れ、3パットもあって9と早々に希望を打ち砕かれた。
あとはOB2発もあってズルズル、ダボゴルフを続けた。良かったのは、16番ミドルで
好ショットを連ねて3オン1パットのパーを取れたこと。
4月12日(土) 有馬富士  杉江、泉谷、尾上 51  49  100 飛び石のゴルフはつらかったが、14日のOB会の練習ラウンドのつもりで気楽にプレー
した。ショットも最終ホールを除き、大体安定していたが、パットが入れパーの場面で
何度もミスして外したので、結局パーはひとつだけ。
4月7日(月) 稲取GC 小松、前川(SF会)  55
 51
 106 いつもは小松さんのホームコース伊東CCでやるのだが、今年は気分を変えて稲取GC
を取っていただいた。前日までの小寒い雨模様の天気が一転、雲ひとつない絶好の
ゴルフ日和となり、風もほとんどなく、最後まで気持ちよいプレーを楽しむことができた。
稲取GCは天城山系の裾野に広がる雄大な36ホールで、海・山と回るのがチャンピオン
・コースらしい。その分、距離はたっぷりあり、難しかった。
前半の海コースでは、まだティーショットが不安定で左右にぶれたため、赤杭やOB杭の
外に飛び出したりしてダボゴルフが続いた。特に出足のロングとミドルで9、7とあっと
言う間に7オーバーになり、小松さん、前川さんに水をあけられた。そのあと、ショットが
少し落ち着いたが、基本的にはダボペースでパーはおろかボギーがなかなか取れない。
結局、パーが2つ、ボギーが4つというのが精一杯だった。地元の小松さんはさすが97、
今年すでに10回目という前川さんは104であがった。


3月17日(月) 有馬富士  泉谷、尾上、杉江  52  48  100 3ヶ月ぶりのゴルフ。出足の6ホールはドライバーが左右にぶれたため、立木に2度も
まともに当てたり、OBになったりした。その上、練習不足でピッチングのアプローチに
ミスが出て、トリプルとダボが続き、パーどころか、ボギーも取れないお粗末なゴルフに
なった。しかしスプーンとユーティリティの当たりがよく、7番で2オン2パットのパーを
取ってからようやく調子が出てきた。9番ロングでもパーを取って後半に期待を繋いだ。その後半、まだアプローチにミスが出てパーは取れなかったが、全般的にはショットが
安定し、ダボ3つのほかは、ボギーで切り抜けられた。まあ、シーズン初めとしては
上出来というところ。泉谷プロは珍しくパットをよく外していたが、46・47とさすがに
安定していた。今日は暖かくて絶好のゴルフ日和だった。
 

平成25年のゴルフ成績表(特に注記のないものはアウトスタート)

月日 場所 メンバー  前半 後半 計  コメント  回数
12月27日(金) 茨木高原 北野、勇上  57  53  110 前2回がひどいスコアだったので(と言っても例年通りだが・・)、このままで終わる
のは癪だと北野さんにお願いしていつものメンバーで忘年ゴルフ&忘年会を企画
してもらった。しかしながら、今日の高原は真冬並みの寒さで昨夜来の雨のせいか
下からガスが吹き上がってくる生憎の天気。キャンセルが相次ぎスタートが繰り
上がったが、前の組はずっと先で、後ろも夫婦らしい二人が最終組ということで
気持ちのうえでは急いたり焦ったりのないゆったりゴルフとなった。
とはいえ、防寒具で身を固めているので身体が思うように動かず、手も十分伸びて
いないのでミスショットを連発、前半はトリプルが続出してスコアにならず、パー
どころかボギーが3つだけと、思惑がすっかり狂って百獣の王必至の状況。
結局、前半は3人ともまったく不本意な成績に終わったので、お昼は寒い中ながら、
午後に備えて3人とも生ビールで身体を暖めようと開き直った。
後半は、早くも小雪がちらつき始め、スタート小屋のおっちゃんから「雪が降り積る
前に戻ってきてくださいよ」と激励とも要請ともつかない声を掛けられたが、14番
ホールあたりから雪と風が強くなり、最終18番ではとうとうグリーンが雪に覆われ
パットしたボールが雪だるまになる状態で辛うじてホールアウトできた。
上がってみたら、まさに「百獣の王」。うぉーっ!

夜は千里中央、京おでんの「三間堂」でゴルフを忘れて楽しく乾杯。
早崎さんは、残念ながら前立腺不調のため両方とも参加を見合わせた。
 23
12月1日(日) 茨木高原  月例(二上、森)  57  52  109 月例は結局、いつものメンバーは、みんな都合が悪くなってモイチひとりになって
しまった。金曜日にプレーして散々だったので止めようかと思ったが、今年の最後
を百獣の王で〆めくくるのは癪だったから、何とかしたいと出かけた。

ところが、前半ボギー、ボギーのスタートとなる筈が、最近不調のパットにミスが
続いて調子に乗れず、3番ロングをトリプルのあと、4番で左にOBしたうえ、第4打
を右バンカーに入れ、ホームランして9を叩いた。出足4ホールで12オーバーだ。
これでは今日もまた百獣の王は確実、来なければよかった!と悔やんだが後の
祭り。その後、ショットを持ち直したが、アンラッキーもあって挽回できなかった。
後半、開き直るしかないと昼食にモイチとしては珍しく焼酎のお湯割りを注文した。
これが功を奏したのか、3ホールをボギーペースで来たのでシメシメと思った途端
13番のティーショットを力みすぎてヘッドの先っぽに当てるとんでもないOBを
切っ掛けにミスを重ねてダブルスコアの8を叩いた。ああもうだめかと思ったが、
そのあとは、ショットが戻ってきたので辛うじて109に収めることができた。
やはり月例はノータッチだし、冬場のフェアウェイはボールをクラブヘッドにきちん
と当てるのが難しい、と痛感した。
 22
11月29日(金) 太平洋宝塚 エースの会(藤本、
加地、伊藤)
 57  55  112 右膝の完治宣言をしたというのに、今日は惨憺たるゴルフだった。前半はショート・
ホールの二つでティーショットがバンカーに捕まって、それぞれ脱出に3打と4打を
要し、6打のダブルスコアを叩いたのが大きく響いた。その上、相変わらずパットが
不調で3パットが4回もあった。後半は出足3ホールをボギーで収めたのでこれは
いけると思った途端、次のショートホールでOBでもバンカーでもないのに4オンの
2パットを叩いたうえ、さらに次のミドルで第2打を右にOBして8のダブルスコア。
その後もショットそのものは悪くないのだが、アプローチのミスなどでスコアが伸びず
久しぶりの百獣の王となってしまった。シュン・・・
 21
11月18日(月) 関西クラシック 珊瑚会(第2組泉谷、
大木、青木)
 53
湯谷
 49
清水
 102 右膝の痛みも大分取れてきたし、先日の練習ラウンド後半ではゴルフも好調時の
スウィングを取り戻していたうえ、今日は東京から久しぶりに青木達郎さんが参加
してくれたので、是非ともいいところを見せようと思った。その力みがスタートの2
ホールのドライバーに出てチーピン・ショットが続いてトラブルショットを招いたうえ、
パットが不調でエッジからの1パットを含め前半だけで実に25パット。パートナーの
大木さんから「大分精神的に乱れている。座禅にでも行ったほうがいいよ」と宣告
されるほど。こんな筈じゃなかったと後半、ビールとすき焼き定食で開き直ったが、
1番ホールで第3打をダフってバンカーに入れ、ダブル・スコアの最悪スタート。
その後、ようやくドライバー、ユーティリティの立ち直りから二つのロングでパー・
オン2パットのパーを取ったのをはじめ、ほぼボギーペースのゴルフができた。
お陰で大波賞を取れた。パートナーの泉谷さんは新しいドライバーで練習したそう
で前半から豪快なショットを連発し、41・45=86でぶっちぎりのベスグロ優勝。
遠来の青木さんは前半はまずまずだったものの、後半乱れて不本意な成績に
終わったがハンデが利いて3位に入賞。大木さんは後半、1番と9番でパーを取る
など4打改善する頑張りだったが、ハンデ差で大波賞は外した。
 20
11月9日(土) 茨木高原 北野、井上夫妻  53  46  99 右膝を痛める直前の9月上旬、高原で95・96を連続して出したが、何とかその
状態に戻したいと、今日も北野さんに誘われたのをいいことに、練習ラウンドに
やってきた。前半は、ドライバーがいまひとつでラフに捕まることが多かったうえ、
ユーティリティを使ったラフからのリカバリーがトップのミスばかりでスコアになら
なかった。後半はティーショットが安定し始め、それにつれてユーティリティもうまく
打てるようになったので、ボギーペースで回れるようになった。失敗は、ダボを
叩いた2番、3番、18番でアプローチのミスをしたくらい。久しぶりに気持ちよい後半
だった。北野さんは後半の最後の方で本来の調子を掴んだようだが遅すぎた。
 19
11月3日(日) 茨木高原  北野、勇上、早崎
(月例
)
 51
イン
 52  103 7月以来4ヶ月振りの月例。しかし、今日も天気はよくない。夕方まで曇りとの予報
だったが、10時過ぎから霧雨が降りだし、さらに濃霧注意報が出たと思ったら、
あちこちのホールでガスが出て前がよく見えなくなった。途中で止めて帰るひとも
出始めたが、辛抱して最後までプレーした。苦手のイン・スタートで出足ミドルは
ティーショットもセカンドもよくボギーで上がったが、次の谷越え11番のショートで
ユーティリティをミスしてOB、パットミスもあった7も叩いてしまった。そのあとは、
ショットも不悪だったが、パットが惜しいところで入らず、3パットが連続して51に
止まった。後半はパットも改善し、5番までボギーペースだったが、6・7・8番で
バン入や3パットなどでダボが続いたうえ、最終の9番ミドル第3打でグリーン左奥
のバンカーに入れたのが運のつきでホームランなどで、9も叩いてしまい、90台は
ならなかった。北野さんは2ヶ月振りのゴルフとかでゴルフにならなかった。難しい
9番でパーを取ったのが収穫。早崎さんも4ヶ月振りのゴルフでスコアがまとまらず
「ゴルフをやれただけで良し」と。名手勇上さんもドライバーが不調で102も叩き
「ハンデが30に届きそう」と慨嘆。しかし、最後の方で復調の兆しを掴んだ様子。
 18
11月1日(金) 伏尾GC  青山会(蔭山、八木、
玉井、荻野)
 52
 53
西
 105 東西合同青山会の一環で希望者5人が伏尾グランドシニアオープンに参加した。
右膝の痛みを抱えているので最初のうちはスウィングに安定を欠く。ドライバーは
1番でいきなりヘッドの先っぽに当たって右隣のコースへOB。第2打以降では、
安全性を重視してスプーンを使わず、ユーティリティの4番を使ったが、これが
ほとんどトップ・ミスばかり。後半はドライバーの調子が出てきたのとスプーンを
使い出したらこれが結構当たり気持ちよくゴルフが出来だしたと思ったら、今度は
パットに苦しみ始め、9ホール中5ホールで3パット。これは膝の痛みに関係ない、
ただ下手なだけや!おまけにこれぞというショットがバンカーに捕まり、気力を殺が
れた。同期の3人は、蔭山さんが前半、49で収めたが、後半いまひとつ伸びず
100が切れなかったし、あと二人もモイチ同様、10Xと冴えなかった。
そんな中で1年下の荻野さんが45・44=89で回って実力の差を見せ付けた。
ミドルでどんどんパーオンしてくる力はさすが。ダブルぺリアのハンデが厳しく、
惜しいところで入賞はならなかった。結局、青山会参加メンバーは誰も入賞せず。
17
10月20日(日) 茨木高原  月例 - - - 朝から雨だったので北野さん、勇上さん、早崎さんと打ち合わせ参加を取りやめた。
右膝の調子もいまひとつなのでキャンセルして良かった。
 
10月15日(火) 有馬富士 事務管理部OB会  52
イン
 56  108 治りかけたと思った右膝の痛みが先週火曜日からぶり返したので、金曜日に例の
整形外科に行ったら、先生、嬉しそうに「膝に水が溜まっていますよ。歩きすぎなど
の疲労で軟骨が欠けたか、磨り減って炎症を起こしているのでしょう。」
「一度抜いてみますか?多少は楽になりますよ。」というので生まれて初めて膝の
水なるものを抜いてもらった。土、日、月の3連休、大事を取って静養し、今日の
OBゴルフ会に備えたのだが甘かった。前半のインは12番あたりからティーショット
が安定し始め、16番までは47・8で上がれそうな勢いだったが、17番苦手の長い
谷越えショートで左に引っ掛けてOB、パットミスもあって7を叩き、続く18番、第3打
をミスしてバンカーに入れトリプル、と最後に崩れた。
後半はドライバーは快調なのに、前半の悪い流れを引きずって、第2打、第3打に
ミスが出て、入れずもがなのバンカーに何度も入れたり、不運なOBもあって、ミドル
のトリプルが連続した。ともかく今日は、OBが3発(うちショートが2)、バン入が
6回で脱出に10打を要し、合計16打をロスした。右膝の痛みが気になったとは
いえ、ショットそのものにはあまり影響はなく、自信ができた。特にシャフトを変えて
以来、まだ馴染めていなかったドライバーの要領が大分分かってきたのが嬉しい。
今日は大越、木坂、根本の3人で回ったが、根本君が絶好調で、40・43=83の
ベスグロでぶっちぎり優勝。
 16
10月9日(水) 高岡CC 沖野会  -  -  - 台風24号日本海側接近の予報のため、大事を取って旅行そのものをキャンセル。  -
9月25日(水) 茨木高原 高倉、三木  49
イン
 55  104 右膝痛が心配なので先週18日(水)向かいの整形外科に行って診てもらったが、
X線写真を5・6枚撮った挙句、特段これはという悪いところがないので10日ほど
様子を見ましょうという頼りない診断だった。兎に角、痛いものは痛いので、自力
で膝や股関節痛に効くという体操をやって治すことにした。今日はそんな中で、
今後のスケジュールもあり、ゴルフをやったらどれくらい出来るのか、試しに一人で
高原へ行ってきた。お相手してもらったのは、Aクラスの二人、高倉さんHD18と
三木さんHD17。ブルーティーからノータッチで回るというのに付き合った。
これで、そこそこプレーできたら心配はないだろうと、適度な緊張を持ちながら
やってみたら、それが幸いしたのか、前半は49と二人の45、46に何とか付いて
いけた。足の痛みもそれほど響かない。安心して昼、生ビールを飲んだら、案の定、
1、2、4、6とトリプルの連発で55も叩いてしまった。高倉さんは午後から墓参りに
行ってしまったので三木さんと二人だけのラウンドになったが、距離の長いアウト
では、230ヤード前後を飛ばす三木さんとの差は歴然、どんどん引き離された。
やはりブルーティーからのノータッチはモイチにはきつかった。
しかし、今日の何よりの収穫は、10・11月のゴルフは何とか乗り切れるぞ、という
自信を得られたことだった。明日から関大の秋学期が始まるが、勉強の合間に
この好調をどこまで維持できるか?練習を怠らないようにしなくちゃ!
 15
9月15日(日) 茨木高原 月例  -   -  - 台風の接近もあったが、何よりも先週から右膝の不調がひどく階段で右足を
上げられない状態なので大事を取ってキャンセルした。
最近ショットが好調だっただけに残念だが・・・
 
9月11日(水) 茨木高原  杉本、北林、  48
イン
 48  96 先週月曜日のゴルフが雨で流れたので、天気を見て再セットした。しかし、木坂さん
はアイルランド旅行のため参加できず、3人だけのラウンドとなった。開場記念は
コンペ・ティーから回ったが、今日はゴールド・ティーから回った。前半は新シャフト
のドライバーがまだ不安定で、方向が定まらなかったうえ、ユーティリティ4番の
ミスショットもあり、2OBをやらかしたが、ユーティリティ7番や6番アイアンなどの
活躍でリカバーし、なんとか48に漕ぎつけた。後半は、例によって昼食のビールで
崩れかけたが、苦手の4番ミドルで2オン1パットのバーディを取ったのが効いた。
それに最後の方でようやく新シャフトの打ち方が分かってきた感じで、ドライバーが
飛び始めたのでなんとか48でまとめることができた。
北林さんは前半、往年のショットが復活し、45で回ったが、後半、1、6、8番で
ミスが出て、トリプルを叩いて95に止まった。杉本さんは半年振りといいながらも
ブランクを感じさせないゴルフで、55・54で満足そうだった。
 14
9月5日(木) 茨木高原
(開場記念杯)
勇上、藪中 47  48  95 今日は開場記念の初日だったが、このところ台風の影響で秋雨前線が停滞し、
不安定な天気が続いていたので半ば諦めていた。しかし、例の新シャフトを試し
たいのと、とにかく行かないと賞品が貰えないという卑しい気持もあって、8時半
のクラブバスで高原に来てみた。すると高原は晴れ間も見えるくらいでキャンセル
する人もそれほど多くなく、順調にスタートしていた。お陰で気持ちよくプレーでき、
95で上がれた。茨木高原で100を切ったのは一昨年10月以来。
今日の成功因は、愛用のスプーンを一度も使わず、代わりにユーティリティの4番
を使いまくったこと。7月に「つるや」で買ったのだが、確実に160-170ヤードを
稼げるので今日はその安定性を重視した。もうひとつはグリーン周りのバンカー。
前半、早々2回バンカーのあごに捕まったが、いずれも1発で1パット圏内に付けた。
パットも大きなミスはなく、3パットが1度もなかった。今日の唯一のミスは5番ミドル
で、第3打が強すぎてグリーンをオーバーし少しラフにこぼれたとき、パターしか
持っていなかったので、そのまま強引に打ったら、ショートやオーバーのミスが続き、
7オンになってしまった(1パット)こと。それ以外は大きなミスがなかっただけに
このときの慎重を欠いたプレーを猛省している。勇上さんは後半ショットが乱れ、
珍しく100超えとなった。
フジクラの新シャフトに変えたドライバーはまだ使いこなせておらず、特に後半は
フェースが開いて大きくスライスするミスが何度か出た。月例までに修正しておか
なければ・・・
 13
9月2日(月) 茨木高原 北林、杉本、木坂 - - - 楽しみにしていたが天候不良のため中止となった。  
8月20日(火) 伏尾(シニア・
レディースOP)
玉井、谷口、横関
 49
54
西
 103 ポーランド旅行から帰って10日、HPの写真アップを漸く終えたばかりだったうえ、
酷暑が続いているのでどうなることか全く自信がなかった。おまけに何ということ!
1番のスタート時に、XXIOのドライバー・シャフトが真ん中からポッキリ折れて
しまった。慌ててプロショップからミズノのドライバーを借りて18ホールを回る羽目
になった。
それでも我ながら重いヘッドで辛抱強くよう頑張った。この暑さの中で前半49で
纏めることができ、ひょっとすると今日は100切りもと思えるほどだった。
止せばよいのにお昼にビールを飲んだのが失敗、後半、打つたびにペットボトル
の飲料を飲まないとやっていけないくらいヘバッてきて、重いドライバーに振り負け
スライスが出始め、OBやミスショットを連発して自滅した。玉井さんも後半出足
3ホールで調子を崩し、その後の追い上げ空しく49・55で終わった。

明日は、早速、ゴルフ保険の請求手続きをしなくちゃ。
12
7月7日(日) 茨木高原 
(月例)
北野、早崎  52  57  109 このところ、ショットそのもの調子は悪くないのに後半OBやバンカーを切っ掛け
に大崩れすることが多く「百獣の王」を叩くようになった。そこで気分転換のため
昨日「つるや」に行って安定して160ヤードを飛ばせるクラブということで21度
のユーティリティ(22千円)を買ってきてニュータウンゴルフでじっくり打ち込んだ。
今一つしっくりしないまま、今日は5番アイアンを放り出してこのユーティリティを
試してみた。結果は、失敗もあったが、まずOKというところ。特に11番、17番
のショートで使ったら、いずれもワンオン・ツーパットでパー。ほかのホールでも
フェアウェーあるいはラフから5-6回使ってみたが概ね感触は良好でほゞ予定
どおりの距離を出せた。しかし、14番ロングの右ラフからの第2打では、ボール
の下をくぐって目の前のバンカーへ。そのままユーティリティでショットしたらミス
してまたバンカー。結局、第5打にしてようやくまともに当たってくれたが、8番
アイアンで打った第6打がグリーン方向に飛んだのにロストしてしまい、11オン
2パットの13と本日最悪のパターン。17番、18番をパー、ボギーで締めくくって
辛うじて「百獣の王」を免れた。イン・コースのワン・グリーン化が完成して今日が
初めての公式競技だったが、グリーンがまだ遅く、パットに苦しんだ。そんな中、
早崎さんが好調で54・56の2アンダー。北野さんも後半49に纏めて100の
イーブン・パー。
 11
7月1日(月) 太平洋六甲  エースの会   50  59  109 前半は優勝ペースだったのに、後半14番ロングで第3打をフェアウェー右の
木に当ててロストしてからオカシクなり、9オン2パットの11、これを最後まで
取り戻せなかった。ティーショットが久しぶりに快調で、気持ちよくプレーしていた
のに、ときどきショットが乱れ、池ポチャ2回、OB、ロストなどでボールを4個も
失くした。ガード・バンカーは2度入れたが、2度ともうまく出せた。
 
 10
6月17日(月) 関西クラシック  珊瑚会  57
清水
 57
大洞
 114 今年は何としても百獣の王だけは避けようと努力?してきたが、ついに今日、
やってしまった。何をやっても失敗ばかり。最近好調だったティーショットが朝
からおかしかったうえ、バンカーに捕まること6回、脱出に計9打を
要した。
おまけにOB4発、パットも冴えず、4パットを2回と最後まで立ち直れなかった。
良かったのは大洞5番でドラコンを取ったことだけ。
 
6月8日(土)  茨木高原 山田、徳永
(六三会)
48
イン
 54  102 恒例の小学校同窓生ゴルフ会。と言っても今では3人しか集まらないが、この
3人は元気なので「とにかく80歳までやろうや」ということで楽しんでいる。
今回は山田くんが絶好調で、44・44=88と安定したショットを見せ、残りの
二人も100切りを目ざしたが、最後でトリプルを叩いて達成できず、残念!

 
6月2日(日) 茨木高原
(月例)
北野、早崎、  49  52 101 今日は本グリーンのアウト・スタート。ショットの調子がよく、1番ティーショットは
まずフェアウェー右サイドを捉え、残り200ヤード弱。これをスプーンで打ったら、
当りが良すぎてグリーン・オーバー、しかし、返しをうまく寄せてパーチャンス。
ところが、この短いパーパットを外したうえ、つぎのショートもワンオンしたのに
3パットして波に乗れない。 3番ロングで第2打を左にOBし、3パットもあって
9とここで大ブレーキが掛かった。それでも前半は残りを無難に収めて49。
後半はワングリーン化工事でサブグリーンを使うので距離が短く、50を切るのも
難しくない。しかし、そう甘くはなかった。11番の谷越えショートを右にOBし、
14番、16番のロングでショットが乱れ、トリプルを叩いたのが響き、50を
切れず、101のパープレーとなった。前半48だった北野さんはいつもと違い、
最後まで集中力を維持し、後半も同じ48の96(4アンダー)で上がった。
早崎さんは大叩きはなかったものの、今一つ不本意なプレーだった。
 
5月5日(日) 茨木高原
(月例)
北野、早崎、勇上、 49
イン
57  106 ワングリーン化工事のため、インはサブ・グリーンまたは仮グリーンで勝手が
違うこと甚だしい。とはいえ、そのインは距離が短い分、ミスが目立たず、
大体ボギーペースで行けた。しかし、アプローチ、パットがかみ合わず、パーを
取れないまま、上がり3ホールでダボを2つも叩き、50を切るのがやっと。
北野さんが好調でパーを3つ取り44で上がって俄然優勝圏内。ところが
距離のあるアウトに入ると、ビールを飲まずに満を持した北野さんが1番で
素晴らしいショットを放ったのにあとが悪く9を叩いて躓いた。モイチも第3打を
目の前のバンカーに入れてトリプルのスタート。代って勇上さんが本来の調子を
取り戻して出足3連続パー。インをアンダーで回った早崎さんも3連続ボギーと
絶好調になってきた。しかし、勝負はそこまで中盤以降、二人とも息切れして
しまった。モイチも5番でまたもや目の前のガードバンカーに入れてダブルスコア
のうえ、右手の薬指と小指を痛めてショットが乱れて追い上げならず。
少し持ち直しかけた北野さんも6番で9を叩いて脱落した。バッハの合唱団の
演奏会が終わった勇上さんは、48・46と一番安定していた。
 
4月22日(月) 太平洋六甲 エースの会  51
イン
 56
アウト
 107 今日は悪天候で中止になった3月18日の再試合で文句のない天気だった。
だが参加人員が7名のうえ、ハンデ25を残していたので優勝には絶好の
チャンスだった。前半は前回優勝で最近好調の木坂くんにくっついて51で
回り、十分な可能性を残して後半に臨んだが、1番ロングと8番ミドルの寄せ
でバンカーに捕まり、11と9を叩いて完全に引き離されて準優勝に終わった。
第2組の伊藤、加地両プロも調子が出ず、木坂くんがベスグロ優勝を飾った。
今日もティーショットはまずまずでフェアウェーをキープすることが多かったし、
ショートホールもパー2、ボギーと安定していたが、如何せん、大事なところで
バンカーに捕まったのが失敗。特に8番のは9番アイアンで上手く打ったのが
2-30センチ足らずバンカーの土手直下に目玉になったのが不運だった。
 
 
4月8日(月) 有馬富士 事務管理部OB会  56  53  109 今日は土日の大荒れ天気が嘘のように晴れわたり、暑いくらい。このところ
ショットが好調なうえ、好ハンデをキープしているのでひょっとしたら、上位も
狙えるかなと秘かに思いながら臨んだ。果たしてアウトの1番はパーオンを
狙った第3打が当たりが良すぎてグリーン・オーバー、入れごろ、外しごろ、の
パーパットを残した。このパットを沈めきれなかったのが今日の象徴で、結局
ダフったりして4パットを2回もやるなど最後までパットに苦しんだ。おまけに
今日は前日の雨でバンカーが固く、3番、16番で脱出に3つずつ要するなど
散々だった。ティーショットは引き続き好調で一緒に回った飛ばし屋、木坂、
相戸の二人にはとてもかなわなかったが、そこそこ頑張っていただけに
残念な成績に終わった。それにしても81歳になる野村さんが87のベスグロ
を出して堂々の優勝を飾ったのには敬服するばかりだった。
 
4月7日(日) 茨木高原月例 北野、早崎、勇上、       天候不良のため参加を取りやめたが、結果的には競技も中止となった。  
3月25日(月) 関西クラシック  珊瑚会  56
湯谷
44
清水
 100 22日に賢島の長いコースで快調にプレーしたばかりだったので、前半少し軽く
見ていたように思う。というのは、今日は全員後期高齢者だからゴールド・ティー
から打つことになったからである。ところが、今シーズンまだ3回目とあって、
ショートアイアンのアプローチとパットが不安定で、折角、好調なドライバーと
スプーンでグリーン近くまで来ても、ピッチング、9番アイアンあるいは8番
アイアンで、ダフリなどのミスが続いた。そうなるとパットまでカップに嫌われて
3パットの連続。結局、負ける筈のない松浦氏にグロスで5ストロークも負ける
体たらく。後半はビールで元気を付けて開き直ったところ、アプローチと
パットが決まりだし、ボギーペースをキープできるようになった。特に圧巻は
5番から7番までの3連続パーで決めるべきパットがキチンと入った。
成績はやはり前半の不調が響いて4位になったが、9人中ひとりだけ後半の
スコア改善で大波賞と小波賞を取ったほか、3番ではニアピン賞も取れた。
優勝は大橋42・46、2位は泉谷42・48、3位北岸48・49と実力者が上位
を占めた。
 
3月22日(金) 近鉄賢島CC 小松、前川  53 49  102 いつもは伊豆の伊東CCなのだが、今年はモイチが幹事で、関東勢に遠路、
賢島CCまで遠征してもらった。このところ雨やら強風やら黄砂やら、と難儀
な天候が続いていたので心配していたが、この日は風も収まり、朝から
暖かい春の日差しが降り注ぐ絶好のゴルフ日和となった。女子プロのミズノ
クラシックが行われるレギュラーティーから回ったが、トータル6600ヤード
ほどあり、おまけにアリソンバンカーなどガードバンカーがグリーンを囲み、
久しぶりに本格的なプレーを楽しんだ。17日に続いてドライバーとスプーンが
快調で長いコースにも拘らず、最後までゴルフを楽しめた。残念だったのは、
前半(イン)16番(541ヤード)、18番(426ヤード)の長いホールでいずれも
いいショットを連ねたあと、グリーンを狙った第3打が深いバンカーに捕まって
9と8を叩き、40台を逃したこと。後半のアウトでは我慢のゴルフで49に
まとめたのでなおさらだった。小松さん、前川さんはいつもの調子が出ず、
スコアはモイチが一番良かった。写真はこちら
 
3月18日(月) 太平洋六甲 エースの会  -  - 悪天候のため中止
3月17日(日) 茨木高原(月例)  北野、早崎、  52 51 103 これが今年の初ゴルフ。今年は例年になく寒かったうえ、13日間のモロッコ
旅行や、ホームコースの茨木高原がワン・グリーン化工事で、2月25日から
3月15日まで休場となったこと、などが重なって、ゴルフの機会がなかった。
昨年12月21日以来のゴルフとあって心配になり、昨日、ニュータウンゴルフ
で100球ほど打ちこんできたが、それが奏功したのか、今日は初打ちの割
には大きなミスが少なかった。アウトの9番でグリーンまであと10ヤードの
アプローチを2度続けてミスするなど、実践からしばらく離れていたための
アプローチ・ミスがいくつかあったが、ティーショットは15番、17番のミス以外
はまずまずだった。今日はワン・グリーン化工事でインはすべてサブ・グリーン
または仮グリーンだったのでアプローチやパットで戸惑ったのも事実である。
北野さん、早崎さんはまだまだ試運転という感じの練習ラウンドだった。

平成24年のゴルフ成績表(特に注記のないものはアウトスタート)

月日 場所 メンバー 前半 後半  計  コメント 回数
12月21日(金) 有馬富士 泉谷、尾上、杉江  55  48  103 来週からまた寒波が来そうなのでこれが今年の打ち納めになりそう。
今日は練習不足にも拘らずティーショットとフェアウェー・ウッドが終始安定し、
気持ちよくプレーできた。しかし、前半はアプローチとパットがチグハグで
1番以外はダボが続いたうえ、6番、7番でバンカーショットにミスが出て
トリプルを叩き、また百獣の王のピンチ。後半はそのアプローチとパットの
調子がよくなり、ボギーペースとなった。14番ロングでティーショットをOBし
ピンチを招いたが、パットを沈めてダボに止めた。残念だったのは最終18番
の第3打が僅かに逸れてバンカーに入れ、1打ミスしてトリプルにしたこと。
後半はショットの好調に乗って久しぶりに攻めのゴルフが出来た。苦手の
13番、17番の長い方のショートもなんとかボギーで収めることができた。
泉谷氏は今回も49・44と安定していたが、尾上、杉江の両氏は復調未だし。
 19
12月10日(月) 関西クラシック 珊瑚会       寒波のため中止(次回は平成25年3月25日)  
12月2日(日) 茨木高原
(月例)
北野、早崎、  50  57  107 前半はティーショットとアプローチはまずまずながら、フェアウェー・ショットが
不安定でダボ、ときどきボギーという我慢のゴルフが続いた。それでも9番を
ボギーとすれば50を切るところだったが、アプローチをミスして「ならず」。
後半は、ビールと待ちチョロで緊張を欠き、10・11番で7オーバーと出足から
乱調で、この遅れを取り戻せないまま、17・18番で雪が降り出して早打ちに
なり、不本意な結果となった。調子自体は悪くなかったので残念!
北野さんは前半5番まで4オーバーと良かったが、6番・9番で乱れた。
早崎さんは、いつもと違い、後半ショットが安定し、54で上がった。 ゴルフが
終わってから千里中央の「北海道」でびわこホールから戻った勇上さんも合流
して忘年会をやった。
 18
11月27日(火) 有馬富士  泉谷、尾上、杉江  55  51  106 このところショットが不調で百獣の王を連発していたので、今日こそはそこから
脱出して師走を迎えたいと望んだ。アウトの出足2ホールをボギーでクリアーし、
3番でミスが出たものの5番でパーを取った。これなら40台も行けるかと思った
途端、6・7番でいずれも第2打をOBしてダブルスコア、さらに8番ショートでは
ティーショットをOBして上がってみれば55とまさにまたまた百獣の王のピンチ。
前半は、とにかく、アプローチにトップのミスが多かった。
後半、気を取り直して慎重にプレーしたら、大きなミスはなく、51でまとまった。
まだ好調には遠いが、少し上向きになってきたように思う。
泉谷氏は49・45と無難にまとめたが、尾上、杉江の両氏は不調だった。
 17
11月4日(日) 茨木高原
(月例)
北野、早崎、  61  52  113 昨日、ニュータウン・ゴルフに練習に行き、120球ほど打ったが、ショットが
ガタガタ。特にドライバーがフックも出ればスライスも出るという状態で不安を
抱えたまま本番に臨んだ。アウト1番ではティーショット、セカンドともまずまず
で、今日は何とか行けるかなと思ったが、第3打、バンカー越えのピッチショット
をミスしてバンカーに入れてから、ミスショットのオンパレードでアプローチ・
パットとも不調。おまけに4番、8番ではティーショットをOBするなど、前半は
トリプル超が実に6ホールという乱調。他方、昨日東北旅行から帰ったばかり
の北野さんは絶好調で5アンダーの44で上がったし、早崎さんもドライバーを
家に忘れてきたのに2アンダーの54と好調。ところが、昼食後のインはその
二人の調子が様変わりして、モイチの不調がすっかり二人に乗り移った感。
逆に、モイチは14番ロングでバンカーの顎に掴まるなど苦労して10を叩いた
あとの上がり4ホールになってようやく、ショット、アプローチがまともに行き出し、
パー、ボギー、パー、ボギーと上り調子で締めくくれたのが救いだった。
 16
10月17日(水) 茨木高原 嶋崎、木村、       ジェイス時代にHP作りをいろいろ教えてもらった嶋崎くんと10年ぶりくらいの
ゴルフ。このところ良い天気が続いていたのに運悪くこの日だけ傘マーク。
しかし、「ゴルフ場の天気」を見ると午後3時以降が雨、それも「弱い雨」と
なっていたので決行した。それも10時過ぎスタートだったのを朝一番の
スタートに変更してもらった。ところが、予想より早く、8番ホールあたりから
ポツリポツリと雨が降り出し、9時半頃に超早い昼食を終えたときには、雨と
霧が激しく、ゴルフの出来る状態ではないので後半のハーフを断念した。
それにしても嶋崎くんがゴルフがうまくなっているのに感心した。もともと
飛距離が出るうえ、今日はショットが正確で精進振りが窺われた。ロング、
ミドル、ショートそれぞれ一つずつパーを取って46で上がったが、特に3番
ロングの3オン2パットは見事だった。モイチは最後の2ホールで大叩きして
初心者並みのスコアだったが、ハーフで止めてホッとした(苦笑)。
 
10月9日(火) 有馬富士 事務管理部OB  54
イン
 57  111 このところ上り調子だったし、有馬富士は好スコアを出しやすいので上位を
狙っていた。しかし、インスタートのロングでパーオンを狙った第3打がロストし
ダボになってしまった。ウッドもアイアンもヘッドの先っぽに当たるケースが多く
ショートホールでは2OB。今日は終始、やることなすことがチグハグで良い
ティーショットを打ってもバンカーに入れたり、パットミスで上がったらダボと
いうのが多かった。最後の9番もやけくそのショットを連ねて3mほどのパー
パットを残したが、3パットしてしまった。
 15
9月16日(日) 茨木高原 早崎、勇上
(月例)
 54  51  105 北野さんが急用で欠席のため3人で回った。1番、ティーショットはまずまず
だったのにセカンドのアイアンがチョロの連続で6オン2パットの8でスタート。
あと6番までは調子を取り戻してボギーペースだったが、上がり3ホールで
またショットが乱れて3連続トリプルと出来上がり54。後半はショットが少し
戻ってきたので大きな乱れはなかったが、ボギー3、ダボ6という平凡な結果
に終わった。勇上さんは前半ショット快調で45で回り、後半に期待したが、
中ジョッキを飲んだのが響いて?ショットが伸びず失速した。早崎さんは前半
モイチと同じ54だったが、後半腰を痛めてこれまた失速。
16番で後ろを回っていた美女から「山本さん、お久しぶりです」と声を掛けられ
てドキッとした。前に一緒したことのある難波美保さんで、「今津さんから
ブログのことを教えてもらって見ていますよ」と聞いて「嬉し恥ずかし」。
 14
9月6日(木) 茨木高原 北野、早崎
(開場記念杯)
 53  52  105 開場記念杯初日にいつもの月例メンバーで申し込んだが、アウト・スタートの
最終組となった。勇上さんが早く帰らないといけなくなったので急遽、1時間前
の組にチェンジし、われわれは残る3人でラウンドした。今日は終始ドライバー
が不調で、スプーンでリカバーする苦しい展開でパーが一つしか取れず、ダボ
が9ホール、トリプルが3ホールと冴えないゴルフだった。北野さん、早崎さん
も似たようなもので、モイチ102位、早崎123位、北野127位と3人とも
成績表の1枚目(100位まで)にも入れず。まあ、心配した雨に降られず、
開場記念杯のビールとご馳走を堪能したのでいいとするか!
 13
8月22日(水) 有馬富士  青山会 正木、玉井  57  46  103 ルーマニア旅行から帰って10日、ようやく時差ボケが治ったというところで、
前半はゴルフ勘が戻らず、アプローチのミスが続出。バンカーにわざわざ
入れたり、引っかけたりでトリプルが5つも出た。結果は二人に完全に置いて
いかれた。後半は開き直って別人になり、11、12、13番を連続パーと調子
を取り戻した。18番で第2打をミスしてトリプルを叩いたが悠々46で上がって
前半の雪辱を果たした。しかし、前半が悪すぎて、トータルスコアでは玉井さん
の97に及ばず。暑かったが、心配した雷雨にも遭わず最後まで出来てグー。
 12
7月23日(月) 関西クラシック 珊瑚会(同組、泉谷、
杉江、大木)
 47
湯谷
 46
清水
 93 梅雨が早く明けて蒸し暑い一日だった。特に昼食休憩時に愛用の庇の長い
ミズノの野球帽を誰かに間違って持って行かれたため、日差しの強くなった
後半を帽子なしでプレーしたのが辛かった。本当にひどい!それはともかく、
今日は出足数ホール、ティーショットに力が入り、チーピンショットが連続した
のと、3パットでいつものダボ・ゴルフが続いたが、5番ロングから立ち直り、
パー2つとボギー3つを取り、47にまとめた。後半、中ジョッキを飲んだうえ、
愛用の帽子がなくなったのが影響して、出足3ホールが3パットもあってすべて
ダボ。同組の泉谷くんが3連続パーと俄然調子を上げだしたので焦った。
しかし4番で2オン2パットのパーを取ってからショット、パットが安定しはじめ、
残り5ホールを1パー、4ボギーで凌いで今年初めての90台となった。
 11
7月4日(水) 茨木高原 北林、原田、浜野  51  51  102 原田さん、北林さんとは昨年10月以来。今日はショットは概して悪くなかった
が、パットが酷すぎた。トリプルを叩いたホールが3番、8番、10番、17番と
4つあったが、パット数はグリーンエッジからを含め、それぞれ、3、3、4、4
と惨憺たるもの。今日の収穫はドライバー。5番、6番、14番、15番、18番で
いいショットを打てた。
原田さんは80歳になって、めっきりドライバーの飛距離が落ちたとのことながら
力強いショットは健在。アイアンが飛ばなくなってスコアメークが苦しい、と言い
ながらも 52・52。北林さんは、今年まだ4回目とのことながらここぞというとき
の集中力はさすがで、50・48とひとり 90台。 浜野さんは運転疲れ?から
不本意な成績だった。
 10
6月29日(金) 太平洋宝塚 エースの会  53  53  106 折角、大事な授業をサボって参加したというのに相も変わらず典型的なダボ
ゴルフ。パー(ショートでひとつだけ)どころか、ボギーすら4つという情けなさ。
このところ得意だったフェアウェー・ウッドやユーティリティがまともに当たらず
ボギー・オンがままならないうえ、ボギー・オンしたホールで3パットを5回も
やってしまった。あとでグロス78でダントツ優勝した伊藤プロにパットのコツを
教えてもらったので次回に生かしたい。一緒に回った加地プロは、ドライバー
をコンスタントに230-250ヤードを飛ばすうえ、アイアンの切れが素晴らしく
バーディを3つも取ったが、今日は出入りの激しいゴルフで87と今一つだった。
もう一人の藤本さんは、後半乱れた。
 9
6月3日(日) 茨木高原 北野、陰山、中辻
(月例)
 51  54  105 金、土と小学校同窓会のゴルフと宴会が続いたあとにまた月例ゴルフなので
正直、シンドかった。しかし、内容は悪くなく、前半は8番まで43とダボで
上がっても40台のスコア。その9番も100ヤードのアプローチを残すのみと
なっていた。ところが、PWで軽く打ったボールが右にふけて入れてはいけない
グリーン右手の深いバンカーに掴まり、結局6オン2パットの8を叩いた。
後半も14番までは7オーバーで来たので今日のショットの出来だと40台も
可能と思ったが、15番、16番でラフに入ったボールを強引にウッドで出そうと
したのが躓きのもと、アプローチの失敗もあって7、10と2ホールだけで
8オーバーを叩き、台無しにしてしまった。北野さん、前半こそ49で回ったが
後半、乱高下で脱落した。
 8
6月1日(金) 茨木高原  六三会(山田、徳永)  55  53  108 小学校の同窓生との気楽なゴルフ。今日はサブ・グリーンだったのでブルー
から打った。サブ・グリーンとはいえ、ブルーだと大分違う。結果は、ティー・
ショットで3回OBしたのが足を引っ張っていつものダボゴルフに終わった。
それも18ホール中、13ホールがダボだからすっかりダボが当たり前の正真
正銘のダボゴルフだ。良かったのは6番ロングで、ほとんどブラックに近い
ブルーから打ったのに第1打、第2打と会心のショットを連ね、3オンできそう
な位置まできたこと、第3打をバンカーに入れてダボに終わったが、一番自信
をつけたホールだ。いずれにしても山田46・46、徳永52・51で二人に完敗。
 7
5月14日(月) 浜名湖 沖野会  53  56  109 このところすっかり高位安定した感じだが、原因は明らかにフェアウェイ・
ウッドのミス多発と後半によく起るシャンク。シャンクの原因は打ち込まずに
払ってしまう癖だが、ウッドの方はヘッドが想定した軌道より少し外側に
下りてきてしまうミスで、ヒールに当たって左にチョロする形になるか、
ひどい時はほとんど空振り状態。最近、後半にこれがよく起こる。どうも
脇の締めが甘くなっているように思う。今日も最後の2ホールになってから
アドレスの調整がうまく行き始めたが時すでに遅しだった。グロスでみんなに
完敗。
 6
5月6日(日) 茨木高原  北野、勇上、早崎
(月例)
 55  54 109 今日は予報に反して午前中から風雨が強く、気温も低かったので上下とも
雨具をつけてスタートした。時折、雷も鳴る不安定な天気の下で我慢のゴルフ
が続いた。4人ともショットが安定せず、スコアは似たりよったりの10X。
高いハンデを温存している?早崎さんが3アンダーで上がった。
今日は4番、7番でOBしたほか、フェアウェー・ショットがよくなかった。
バンカーに4回入れたがいずれも一発で脱出できたのが収穫か。
 5
4月20日(金) 伊東 小松、前川  54  54  108 今日は典型的なダボゴルフ。雨上がりのためか、グリーンが意外に遅くて
ホールの手前で曲がったり、止まってしまったり。他方、ティーショットはまず
まずだったが、スプーンのフェアウェー・ショットで力が入り過ぎて何度も、
ボールが数ヤードしか転がらない大ダフリを演じてしまった。特に後半
最後の2ホールが酷かった。ともあれ、年初から後半大きく乱れていたのが、
今日はビールを控えたこともあって何とか「並び」に抑え込めたのが成果か。
前川さんが好調で飛距離はそうないが、ティー・ショット・アプローチ・パット
いずれも安定し、98で上がった。このところ100が切れないとボヤいていた
地主の小松さんは後半乱れて今日も100オーバー。
4月1日(日) 茨木高原  北野、勇上、早崎  50  65  115 桂林小旅行から戻ったばかりで、この3日間、HPへの写真アップに熱中して
いたのでどんなゴルフになるか心配だった。ところが前半は大きなトラブルも
なく、9番で短い距離を3パットしなければ40台だった。しかし、ゴルフをなめ
てはいけない。後半、苦手の10番をボギーで凌いだのはよかったが、11番
谷越えショートでティーショットをトップしてOBし、8を叩いてからプッツンした。
13番第3打のピッチングをトップしてOBした挙句、打ち直しがバンカーに
掴まって11オン1パット、さらに15番ミドルではアプローチのミスを連発して
10と得意?の集中打を重ねて自滅した。いずれもアプローチのチップショット
がうまく上がってくれずトップしたのが原因。フェアウェーの状態が悪いのも
一因だが、ボールを捕える位置が悪いのだと思う。練習して直しておかないと
いけない。北野さん54・49、勇上さん48・46、早崎さん57・54と後半は
完敗。
 3
3月19日(月) 関西クラシック 珊瑚会  50
湯谷
 53
清水
 103 今日もまたドライバーとスプーンそれにユーティリティが割合安定していたので
本来なら90台を楽に出せるところだったが、アプローチとパットにミスが続出
して台無しにしてしまった。特にロングホールでいいショットを連ねてグリーン
近くまで行きながら、入れずもがなのバンカーに入れてしまったり、不用意な
3パットなどで8、7、8、9とスコアを崩したのが痛かった。雨に濡れて固く
なっていたバンカーで失敗を重ねた(4回で8ショット)のも足を引っ張った。
優勝は泉谷90、2位は大橋90、3位北岸97と実力者が上位を占め、モイチ
は5位。ドラコンをひとつ取ったのがせめてもの慰め。
 2
3月13日(火) 太平洋六甲 エースの会  53  58  111 実質的に今日が今年の初打ち。前半はティーショットがなかなか芯に当たらず
第2打を無理する苦しい展開となった。ティーショットが当たりだした後半の
出足ロングで3ついい当たりを飛ばしたのにアプローチをミスして右手の
バンカーに入れたのが躓きの始まりで脱出に4打を要したうえパットもダメで
11打も叩いた。これ以後、ドライバーとスプーンはそこそこなのにアプローチ
の失敗が続き最後まで挽回できず、百獣の王となった。
しかし、前週の雨の中の月例よりショットは改善したので希望は持てる。
 1
3月4日(日) 茨木高原
(月例)
米沢、金高、難波
(いつものメンバーは
キャンセル)
 57  - 悪天候のため月例競技は途中で中止。  


 

平成23年のゴルフ成績表(特に注記のないものはアウトスタート) 
      平成21年以前の成績表はこちら

月日 場所 メンバー 前半 後半  
 計 
コメント 回数
12月24日(土) 茨木高原         寒波襲来のため無理せず取りやめた。  
12月14日(水) 茨木高原 岸田、前川、  55  59  114 雨か曇りという予報が大きく外れて朝から晴天。用意したベストも
脱ぎ捨てるほどの陽気となり、思わぬゴルフ日和。 したがって
何の言い訳も効かないが、調子はガタガタ。ショットはまずまず
ながら今日はパットがひどかった。パットをダフッて10cmという
のが3回もあったし、ホールの手前で止まったり曲がったりと、
いつもの思い切りのいいパッティングが最後まで出来ず、折角の
アプローチが台無しになる場面が続出。このままで年を越すのは
我慢ならないと帰りに24日(土)に一人参加で申し込んだ。
パートナーはこの間、90を出したときのゲンのいいメンバー。
なんとか百獣の王から脱出しなきゃあ!
 28
12月4日(日) 茨木高原 北野、勇上(月例)  52
イン
 56
アウト
 108 今日も風邪薬を飲んで出かけた。いわゆる stomach-flu という奴
でお腹が重くてしょうがない。そのせいか、ドライバー・ショットの
調子が悪く、ヘッドの先端に当たてはチーピン・ショットを連発し、
最初からトラブル続き。出足10番では第3打を前のバンカーに
入れ、3パットしていきなりダブルスコア。これが最後まで取り戻せ
なかった。それでも後半せめてイーブンパーに持っていこうと気を
取り直し、ティーショットの不調を何とかフェアウェー・ウッドで
カバーしていた。だが5番、6番で連続ティーショットを池に入れて
気力喪失。5番トリプルのあと、6番ロングではグリーン前のバンカ
ーに掴まったりして11の大叩き。「今日はこれまで、早く風邪を
治さなくては」 北野さんは前半48にまとめ後半次第で優勝戦線
に絡めそうだったが、3番、5番でショット・パットが乱れてダブル・
スコアを叩いたのが残念、101になってしまった。勇上さんは
アイアンのシャンクを頻発してスコアにならず、「しばらくゴルフは
止めます」と。
 27
12月2日(金) 有馬富士 珊瑚会  57  51  108 先週、高原でいいスコアを出したばかりだったので秘かに好スコア
を狙っていた。ところが前日夕食前あたりから急に吐き気を催し
始め、食事もそこそこに薬を飲んで早々に床についた。予報は雨
模様だし、朝まだシンドければ欠席しようと思った。翌朝、吐き気
が一応治まったし、天気も小雨程度らしいので諦めて出かけた。
前半は風邪薬のせいか頭がボオッとして集中力を欠き、9、8、7、
6、6と出足の5ホールだけで16オーバー。6番、7番でボギー、
パーを取り、ようやく落ち着いてきた途端、8番ショートの第2打で
シャンクしてOBを出し、7を叩いてガックリ。最終9番でパーを
取ったものの不本意な結果に終わった。調子が戻ってきたので
後半は大波賞を狙って最初から飛ばしたが、パットとショートホール
のティーショットが悪く、賞は取れたものの6つの改善に止まった。
今日はショートホールが6、7、6、6と悪すぎた。
優勝は46・46と安定したスコアを出した大橋久賀雄くん。
 26
11月26日(土) 茨木高原  中西、加福、関谷、  45
イン
 45
アウト
 90 今日は多少寒いが12月2日の珊瑚会ゴルフに備えてバッグを
取りにいかなければならないのと、この1か月クラブに触れて
いないので練習しておこうという気持が働いたので、高原に電話
してメンバー3人組の中に入れてもらった。まともに当たるか
どうか不安だったが、逆に最初から最後まで大きなミスショットは
2・3回だけでドライバーもスプーンもアイアンも好調そのもの。
「練習しない方がいい?」と思ったくらいだった。いつものトリプル
はおろか、ダボも4回だけ、それも1バーディ(12番)2パー
(4・5番)で帳消しにした。最後の9番でパー・パットを決めて
いれば久しぶりの80台だった。
良かった原因はメンバーの3人が青ティーから打ったのに、敢然
と(?)白ティーから打ってマイペースを保ったことだろう。
ところで話しているうちにメンバーのうち関谷さんが仏文教授で
(それも後でネットで調べたら関西学院大学だった)関大仏文の
出身であり、モイチの日頃接している先生方とはよく顔を合わせて
いることが分かった。特にメイキン先生の名前まで出たときは
ビックリした。
 25
11月6日(日) 茨木高原 月例 -  -   - 濃霧のため参加見合わせ(結局、競技中止なった由)。 - 
10月23日(日) 茨木高原
北野、岡田誠兄弟(月例)  53  50  103 19日に調子がよかったので満を持しての月例だったが、やはり
ノータッチ・ルールとプレッシャーで不本意な成績に終わった。
それでも5番まではショットもまずまずでほぼボギーペースで
行っていたが、6番ロングで4オンを失敗しての第5打をシャンク
してサブグリーン奥のバンカーに入れ、結局8オン3パットの11
を叩いた。これが最後まで響いて1オーバーに終わった。
北野さんは前半49と希望を持ってビール抜きで後半に賭けたが
今一つ追い上げきれず、100切りとアンダーは達成できず。
6・7月と月例で連続優勝したという岡田弟は、時折その片鱗を
見せたものの、45・53と後半大きく崩れた。
 24
10月19日(水) 茨木高原 山田、徳永(六三会)、北林  45  50  95 5月に台風で流れた六三会ゴルフのやり直し。一人空いていた
ので北林さんに入ってもらった。
高原で白ティーから打って100を切ったのは久しぶり。とにかく
出足の4ホールは自分でもビックリのショットを連発した。特に
4番では第2打をアイアンでピンそばにピタリ付けてバーディで
そこまでイーブン・パー。先週の事務管OB会とは大違いだった。
ところがその後の5ホールは3パットが4つと崩れ、ダボペースに
なり、アウトは45に止まった。ビールを飲んだあとの後半は、
10番第2打をOBしたほかは引き続きショットが好調。特に
13番ミドルの2オン2パットは本日の圧巻だった。しかし、力み
によるミスも目立ち、結局50がやっと。山田くんは今年ゴルフの
回数が不十分で調子に乗るのが遅く、後半44を出して面目を
保ったが、トータル96に終わった。徳永くんは51・50で惜しくも
100切りを逃した。飛び込みで入ってもらった北林さんは、
47・48とやや不本意ながら安定したショットを見せた。
 23
10月11日(火) 有馬富士 事務管理部OB会  58  57  115 アウト、インとも良かったのは出足の第1打と第2打だけで
全くいいところなし。一緒に回った木坂くんが完全に復調していて
圧倒されてしまった。特に後半の38はスゴイ。
 22
10月8日(土) 茨木高原 福田、瀧川、藤崎(女性)
(開場50周年記念杯第2日)
 50  54  104 当初は月例メンバーで一緒にプレーしようと予定していたが、
各人の日程が合わず結局、みんなバラバラになってしまった。
10時34分という遅いスタートだったが、一人なので高原に着く
なり石津プロに「空いているところに」と頼んで9時30分アウトの
組に入れてもらった。この開場記念杯のティーは月例より後ろに
設定されていたが、女性はずっと前のゴールド・ティーから。
2ホールほど回ってから「70歳以上も前から打てる」と知ったが
すでに遅く途中から変えるわけにはいかなかった。しかし、変え
なくてよかった!一緒に回った女性の藤崎さんがとにかくよく
飛ばすのである。モイチもゴールド・ティーから打っていたら2回
に1回は負けていたと思うほど。それもほとんどフェアウェーを
キープする。前半はモイチも比較的ミスが少なかったので
辛うじて彼女と同スコアだったが、ショットの乱れた後半は
ジリジリ差を付けられて54対49で完敗。
今日はともかくパットの調子が悪かった。それほど遠くない距離
なのに3パットが6回もあった。しかし、ティーショットの方がもっと
悪かった。振り返ってみてよかったのは1番、6番だけ、インは
全ホール、ミスショット、よくダボペースで上がれたもの。
リカバーのセカンドショットが良かったから。
 21
9月18日(日) 茨木高原 北野、勇上、早崎(月例)  52
イン
53   105 久しぶりに月例のメンバーが揃った。ちょうど1か月ぶりのゴルフ
なのでアプローチとパットの勘が悪く思うようにスコアを纏められ
なかった。特にグリーンが芝の手入れで穴を空けていたため、
まるで高麗芝のよう。しっかり打たないと曲がったり、止まったり。
出足3ホールの連続をはじめ、3パットが6回、1パットはゼロ。
最後までスカッとしなかった。よかったのは13番の2オン2パット
だけ。そんな中で北野さんが快調に飛ばしていたが、前半の
16番と後半3番のロングで思わぬ落とし穴にはまって大叩きし、
勿体なことをした。勇上さんはパットに苦労したが47・45で
無難にまとめ、2か月ぶりの早崎さんは不調だった。
 20
8月19日(金) 茨木高原 北林、河野、阿部
(グランド・シニア競技)
   70歳以上
 46
アウト
 50  96 北林さんの誘いでグランド・シニア競技に初めて参加した。全組
キャディがつくほか、ティーショットはゴールドマークから。ただし
ノータッチ・ルール。朝、出がけに強い雨が降り、ヤバいかなと
思ったが高原に来てみると雨は止み、風が少し強い程度で気温
も25度内外と気持ちよくプレーできた。お蔭で前半は一昨日と
同様、ショットが快調で、またまた46で上がった。それも前2回
大叩きしたアウトコースだし、パートナーの元A組選手、北林45、
河野46、阿部46と略対等のプレーだったから、「よし、今日は
違うぞ」と調子に乗ってお昼にまたビールを飲んだ。
結果は大した乱れは起らず、最後のボギーパットを外して
惜しくも両方40台はならなかったが、ホームコースで久しぶりの
90台をマークできた。北林さんは後半、難しいパットをどんどん
決めて45・45=90、ネット63で上がり、優勝かなと思ったら
惜しくもワン・ストローク差の第2位だった。モイチもネット66で
第4位となり、入賞を逃した。
 19
8月17日(水) 茨木高原 北野、勇上、延原
(キリンビール杯)
 46
イン
 57  103 前半は、ショットは今一つだったがOBと諦めたのがセーフだった
り、木に当たってトラブルが避けられたり、とツキに恵まれている
うちに調子が出てきて、北野さん47、勇上さん48を上回る成績
で上がった。ここで自制すればよかったのだが、今日はキリン
ビール杯とあって昼食のビールが飲み放題だったのでついつい
中ジョッキのあと小ジョッキのお代わりをしてしまった。「本日の
焼肉ご膳」を張り込んだものだからビールが美味しかったのだ。
案の定、後半は出足で3パットしてトリプルを叩いたのをはじめ
苦手の4番でティーショットを右OBするなど冴えないダボゴルフ。
7番ショートでは前回同様、ティーショットを谷に落とすOBのあと
わざわざバンカーに入れるなどして8を叩き、万事窮した。
同じくビールのお代わりに付き合った北野さんは後半逆に調子
を上げて好ショットを連ね、4つのパーを取って45の92で
フィニッシュ、上位入賞の期待が掛かった。勇上さんはパットの
ミスが多く、辛うじて99、隠しホールに期待するほかなし。
 18
8月7日(日) 茨木高原 北野、勇上  52
イン
 62  114 言い訳オンパレードになるが、今日は暑さとパソコン疲れと
歯の不調で後半完全に集中力が途切れてしまった。
プリンターが故障したのを機に、パソコンをXPからWIN7に
切り替え、8月4・5・6の3日間ファイル移行に熱中していた。
おまけに今朝、朝食を取っていたら奥歯のメタル冠がポロッと
取れてしまい、気になって仕方がなかった。
それでも前半は最近の好調を維持していたが、後半、ビール
が入ると、だんだんショットが雑になり、特にアプローチとパット
にミスが出てトリプルが続いた。そこへ7番ショートでティー・
ショットをOBした挙句、9も叩いたものだからもうダメ。
9番もダブルスコアで最悪の60台になってしまった。
勇上さんはショット、パットとも好調で47・43の90。北野さん
は、後半本来のショットを取戻してきたが、前半が悪すぎて
モイチ同様百獣の王。
 17
7月15日(金) 有馬富士 珊瑚会(有村、大木、北岸) 48 46 94 高温注意情報が出るような猛暑の一日だったが、家内の用意
してくれた冷温スカーフを首に巻いていたのとスポーツドリンク
500cc2本のお蔭で最後まで集中力を切らさずプレーできた。
前半はティーショットが今ひとつだったが、ミスショットの
続いた2番と6番のミドルを除き、辛抱強くボギーを重ねて
何とか48に漕ぎ付けた。後半、ビールを飲んでやや雑に
なり、3ホール連続ダボとなったが、13番で右サブ・グリーン
のバンカーからピン傍20センチに付けてパーを取ってから
調子がよくなり、難しい15、16、17番を連続パーとした。
しかし、最終18番でドラコンを狙ったのが失敗で肩に力が
入ってミスを重ね、シャンクまで起こして5オン2パットの
トリプルを叩いた。悔しいが、前後半とも40台は本当に久方
ぶり。優勝こそ出来なかったが2位に入れたのは上出来。
優勝は伏兵、尾上くんで45・52=97。ベスグロは泉谷・
大橋両君の91だった。
16
7月4日(月) 太平洋六甲 エースの会
(大林、入田)
52
イン
54 106 土、日と一泊旅行に行っていた疲れからか朝からシャンとせず
ロストもあっていきなりトリプル・トリプルのスタート。
3ホール目から少し落ち着いたが、52がやっと。後半は前半
まずまずだったのに6番ロングで第4打を惜しいところでバンカ
ーに落としてからおかしくなり3パットもあって9を叩いた。
これが最後まで取り戻せず不本意な成績に終わった。
15
6月26日(日) 茨木高原 北林、早崎、三宅 48 55 103 梅雨の晴れ間で暑かったが、後半は時々雨に降られる不安定
な天気だった。北林さんとは昨年10月以来、三宅さんとは
昨年秋、MBA留学のスコットランドから帰国されて以来初めて
という楽しみなゴルフだった。早崎さんは北林さん、三宅さんと
一緒にプレーするのは初めて。
前半のアウトは三宅さんがまだ調子が出ないのに引きかえ、
われわれ3人は、北林さん44、早崎さん49と快調。
後半は北林さんが引き続き安定していたほか、三宅さんに
ようやく当たりが出てきたのに対し、早さんとモイチはミスが
出て、100切りはならなかった。特にモイチは15番・16番で
ティー・ショットをロストしたり、バンカーのアゴに捕まるなどの
アンラッキー(もちろんショットミスからそうなったのだが・・・)
から連続ダブルスコアを叩き、万事休す。
北林さんは44・46=90で惜しくも80台を逸したが、ネット63
で月例優勝がぐっと近くなった。早崎さんもネット・パー・プレー。
三宅さんは後半47とかっての片鱗を見せた。
14
6月5日(日) 茨木高原 北野、真野、岩崎
(月例)
55 49 104 今年は梅雨の入りが早く、1週間前の予報でも傘マークが
付いていたので半分諦めていた。ところがその後天気が好転
し、今日は雨も降らず、風も穏やかで終日気持ちよくゴルフが
できた。勇上さん、早崎さんが都合で欠席だったので80代の
おふたりと一緒に回った。ところが前半はティーショットでは
断然こちらが有利なのに第2打、第3打のミスが多く、上って
みたら80代の二人に勝ったり負けたりの情けないゴルフ。
トリプルを4つも叩いて55。北野さんは7番ショートでOBした
うえ、グリーン周りでミスを重ねて8も叩いたのが響いてモイチ
と同スコア。後半はモイチが出足のトリプルを除き、安定した
ゴルフを展開できたのに対し、北野さんは11・12番でダブル
スコアを叩くなど乱高下、今日は今ひとつ調子が出なかった。
80代のお二人は121と122で回った。
収穫はバンカー・ショット。4、6、7、17番と4回捕まったが、
いずれも1発で脱出、特に7番は深いところからピン傍につけ
パー、17番でもパーを狙えるところまで付けた。
13
5月29日(日) 茨木高原 山田、徳永
(六三会)
雨天(台風2号接近)のため秋に順延
5月18日(水) 茨木高原 勇上、北野、大峠
(ダンロップ杯)
51
イン
57 107 出足こそダボだったが、11番パー、12番ボギー、13番パーと
好調なプレーが続き、半年振りの北野さんを納得させながら
機嫌よく回っていたが、14番ロングの第2打を僅かに右に
そらしてOBしてからおかしくなり、このホール8オン2パット。
残り4ホールはなんとかこなしたが落胆は隠せない。
後半のアウトに賭けたが、疲れがどっと来てあちこちでOBやら
シャンクやらトップのミスが出てスコアにならなかった。
勇上さんは49・52と不調、北野さんは51・51だったが、最終
9番で突然2OBと乱れ、10も叩いたのが惜しい!しかし、
こんなスコアでもダブルぺリアでハンデ34.8をもらって189人
中19位だったからビックリした。
12
5月16日(月) 太平洋六甲 エースの会 53 49 102 このところショットが好調で大きなミスが少なかったが、トリプル
が3つ出た。2番ロングでティーショットを左ラフに打ち込んだ
あと、厚かましくもスプーンで脱出を図ろうとしたのが2度失敗、
あげくバンカーに入れたのと、4番ミドルでティーショットを右に
押し出すOBのあと3パット、後半14番長いロングでやはり
ラフからのショットを連続失敗して6オンとなったもの、である。
バンカーは5回入れたが、いずれも1発で上手く出せた。
結果はハンデ28が効いて3位に入賞したがせめてイーブン・
パーといきたかった。
11
5月10日(火) 土佐 沖野、入田
(沖野会)
56
桂浜
49
室戸
105 前日のグロス上位3人が第1組でスタート。沖野さんはゴールド
ティーからスタートしたが、モイチは格好を付けて白ティーから
スタート。その1番、グリーンエッジから8番アイアンのラニング
アプローチが直接カップ・インしてパーを取る幸先のよさ。
しかし、前半良かったのはそこまで。そのあと、距離の長い分、
力が入りすぎてミスを連発、トリプル5つと自滅してしまった。
後半も出足ロングで第2打以降、チョロと引っ掛けのミスを
重ね、7オン2パットの9という最悪のスタート。その後、漸く
立ち直ってショットも回復し、3番、5番、7番でパーを取り、
盛り返すことができた。終盤、8番ショートでティーショットを
左に引っ掛けOBしたのと、最終9番で3パットをしたのが残念
だが、ともかく49に収められてホッとした。沖野さんは連荘で
お疲れか前半ミスが出て乱高下。それでも後半は上がりの3
ホールをボギーで上がるなど大きく改善して58・51の109。
圧巻は44・44の88で回った入田プロ。ティショットの飛距離
とアイアンショットの切れにダントツの冴えを見せた。
もう一組はラフに苦しみ、大林109、大西110、満恵川111
と信じられない不調。連夜の食べすぎ、飲みすぎが原因?
10
5月9日(月) 黒潮 沖野、大林
(沖野会)
47
太平洋
50
暖流
97 初日の今日は、シニア組と若手組(大西、満恵川、入田)とに
分かれてプレーしたが、シニア組はゴールド・ティーからプレー。
お蔭で随分気楽に出来た。いつもの大叩きがなく、パー2、
ボギー3、ダボ4の47で前半をまとめた。ところが、傘寿の
沖野さんが絶好調で出足こそダボだったがあとは、パー3つ、
ボギー5つの43で上がったのでギャフン。何とか90台をと
頑張った後半はダボが続く苦しいゴルフとなったが、フェア
ウェー・ショットが好調で8番でパーを取り、97に漕ぎ付けた。
後半、ミスの出た沖野さんと同スコアとなった。大林さんは
今ひとつショットが冴えず、107で終わった。白ティーから
回った3人組は入田91、満恵川99、大西103だった。
5月1日(日) 茨木高原
(月例)
早崎、森澤、 53
イン
50 103 今日は朝から雨模様でキャンセルが相次いだようだが、高原
に上がってきたら、雨は大したことなくむしろ風が強く寒かった。
勇上さんも今朝になってキャンセルしたので早崎さんと二人
だけになり、同じく一人になった前の組の森澤さんと合流して
3人で回った。途中、雨がひどくなったり、ガスが出たりとあまり
いい条件ではなかったが、混んでいなかったせいか、気楽に
プレーできた。とはいえ、イン・アウトとも苦手の出足2ホールを
ボギーでまとめたのに、3パットが7つもあり今ひとつ乗り切れ
なかった。特に後半は6番まで47のペースできたのに7番の
ショートでバンカーに捕まってダブルスコアを叩き、8番のパー
で望みを繋いだのに9番でアプローチをミスして40台を逃した。
しかし、全体としてはミドルの15番、5番、8番でパーを取る
など改善傾向にあるので来週の土佐遠征が楽しみである。
4月21日(木) 伊東 小松、前川、 48 63 111 今日は前半と後半でまったくの別人ゴルフをやってしまった。
ドライバーが終始不調で、アウトではいきなりティー・ショットを
左に大きく曲げた。OBかと思ったらネットに撥ねてセーフ、
3番ウッドのリカバリーが効いてボギーで上がれた。この後も
不調のドライバーをフェアウェーウッドでリカバーする展開が
続くが、8番までボギーペース。これは久しぶりに45・6で
上がれるぞと思ったら、前半最後の9番で2オンを狙った
第2打を左に引っ掛けてグリーン左の崖下へ落とす痛恨のOB、
結局、ダブルスコアを叩いて48に止まった。パートナーの二人
にも最後で逆転された。
それでも気分よく、皿うどんとビールの昼食を楽しんで後半に
望んだ。しかし、インは谷越えや長い打ち上げのホールが多く
スコアを崩しやすい。案の定、10番、12番でトリプルを叩き、
嫌な予感のあと、13番ショートに魔物が住んでいた。最近、
ほぼ克服したつもりだったバンカーにやられた。160近くあった
ので迷いなく7番ウッドを持ち、上手く打った積りがグリーン
手前のバンカーへ、それもアゴに近い。今日初めてのバンカー
だったが、先日の雨で砂が固まっていてまるでベアグラウンド。
4発打ったが出ないので諦めて横に出し、結局9も叩いた。
その後の5ホールはこのショックが響いてまったく良いところなく
ボギーすら取れない体たらく、終わってみたら今日もまさかの
「百獣の王」。ああ、無念!
4月11日(月) 有馬富士 事務管理部OB会 53
イン
54
アウト
107 今日はインスタートの最終組で伊藤プロに最近好調の藤本さん
と鷹野さんの組み合わせ。伊藤プロにはとても歯が立たないが
藤本・鷹野ご両人には絶対にグロスで負けられない。
ところがいきなり右駐車場に打ち込むOBのあとチョロを連発
して8オン2パットの10。藤本さんには3ホールで5ストローク
も引き離される展開。13番パー、14番ボギーで態勢立て直し
と思った途端、15番第3打で寄せを失敗してバンカーへ。
脱出に3打を要してまたダブルスコア。上がり3ホールでパー、
ボギー、ボギーを取って8ストロークあった藤本さんとの差を
詰めたのがせめてもの慰め。後半のアウトは出足3ホールで
寄せとパットにミスが出て、ダボ、トリプル、トリプルと苦しい
スタート。そのあと、ボギーペースで頑張ったが、8番ショート
でティーショットを右にOBし、9番ロングは第3打をグリーン
前のバンカーに入れて万事窮す。藤本さんも最後の3ホール
で崩れたのでグロス・ネットとも勝てた。ところが、上がって
成績発表を見ると、鷹野、モイチ、藤本の3人の熾烈な最下位
争いで、幸運(?)にもモイチがBBに入賞した。
今日はバンカーに5回入れて脱出に10打要した。一発脱出は
1回だけ、まだまだ練習しないと・・・。
4月3日(日) 茨木高原 勇上、仲野、足立 58 55 113 野球で集中打を浴びせるのはいいがゴルフでは頂けない。
今日もティーショットは好調で出足もほぼ2オン、惜しいパー
パットを外しはしたが、4番までボギーペースできたので、
今日こそ40台と思った途端、5番ミドルの第2打ユーティリティ
を左に引っ掛けOB、ここで打ち直しにミスを連発して入れては
ならない右バンカーへ。脱出に3打を要したうえ、3パットの
おまけで12打。それでも厄介な6、7番を無難に切り抜け
8番もいいティーショットが出て、2オンを狙いに行ったのに
右にふけてサブグリーンのバンカーへ。カッときてアプローチ
のミスと3パットでダブルスコア、と先週に続く大叩き。
ショットがいいので昼はビールも飲まずに後半に賭けた。
後半も出足は10、11、12番と連続で惜しいパーパットを
外すボギーペースで始まったが、13番で3オンし損ねてダボ
のあと、14番、15番のアプローチにシャンクが出始め、
トリプルを連発してダボペースに落ち込んだ。ショットの好調
を武器に追い込みを掛けた終盤3ホールもアプローチの
シャンクが直らず、特に最終ホールではグリーンすぐ下から
わざわざ右端のバンカーに入れて、そこからきれいに上げた
つもりのバンカーショットが転がりすぎてグリーン下に逆戻り、
結局ダブルスコアになった。
今年の課題は固いバンカーからボールを柔らかく上げる方法
と同じく固いグリーン前の芝からシャンクやトップをせずに
打つすべを練習することだ。
3月28日(月) 有馬富士 珊瑚会 59 53 112 今日はフェアウェーの芝の状態が悪く、アプローチ・ショットに
ミスが多かったうえ、パットの感覚が合わず3パットを連発、
とりわけミドル・ホールが10のうちパーどころか、ボギーが
2つ、ダボが1つがやっとで、残りは6ホールがトリプル、7番
ホールに至っては、最近自信をつけたバンカーで固い砂に
ヘッドを跳ね返されて脱出に7打も要して12。大波賞を狙った
後半は少しましになったものの相変わらずアプローチがうまく
行かずダボゴルフに終始し、大波賞は7打改善の大橋くんに
小波賞も同じ6打改善の奥山くんに合計スコアの差で、持って
いかれてしまった。ティーショット、フェアウェー・ショットは
まずまずだっただけに残念。
3月16日(水) 茨木高原
(オープン)
勇上、中島 53
イン
54
アウト
107 今日は昨日と違って10度以上気温が下り、高原のスタート
時は摂氏1度。風が強い上、時々雪が舞う始末。北林さん、
北野さんが寒いのはかなわんとキャンセルしたのは正解!
勇上さんとゲストの飛ばし屋、中島さんの3人でプレーした。
そんな悪条件下でもショットが好調で出だしの5ホールは
ボギーペース。ところが残り4ホールのうち15番でティー
ショットと第2・第3打を連続ミスした上、バン入と3パットの
おまけつきで9を叩き、40台が吹っ飛んだ。さらに18番で
第2打をロスト(前の組に持っていかれたと確信するが)
8を叩きガックリ。後半はショットそのものは悪くなかったが
ロングでの第2打、第3打のミスが響き、ダボ・ゴルフ。
ドライバーを買い換えた勇上さんはティーショットはまずまず
だったもののパットが不調でパーが取れず、前半47と
凌ぐのがやっと、後半になるとショットまでおかしくなり、
モイチと同じダボペースと不本意なゴルフだった。
まあ、とにかく寒かった!
3月15日(火) 大阪GC 玉井、正木、 55 51 106
今年やっと2回目のゴルフ。ここの名物の強い西風もなく
絶好のゴルフ日和だった。ショットはOB2発を除き概して
好調だったが、久しぶりの高麗グリーンに手こずった。
特に前半は1パットなし、3パット3回の計21パット。
後半は感覚が合い始め1パット4回と持ち直した。
ショットが良かった割りにロング5つのうち3つでトリプルを
叩いたが、これはバンカーと3パットが原因。バンカーは
すっかり自信を取り戻したが、ここの砂は固く、ヘッドを
跳ね返されるケースが多かった。5回バンカーに入って
失敗は2打だけだったからまずまず。玉井くんが55・50
正木くんは前半56のあと後半乱れた。
1月24日(月) 太平洋六甲 エースの会 54 61 115 今日の収穫はスタート前に満恵川さんから教えてもらった
丸山大輔のバンカー・ショット。前回、太平洋六甲の本格的
なバンカーで散々な目に遭ったのを見かねた同病の満恵川
さんが日経の記事を送ってくれ、この朝、練習バンカーで
特訓してもらった。「離れて立つ」という意味がよく分からな
かったが、腰を落として立って打ってみたら、ほとんど百発
百中で上がってくれた。自信をもって望んだ本番ではバンカー
に10回も捕まったが、失敗は2回だけ、あとは1発で脱出
できた。「満恵川さん、ありがとう!」
今日のスコアは最後の2ホールでトイレを我慢していたら、
集中力を欠き、ショートで7、ミドルで9を叩いたのが響いた。
それまでのショットは年初としてはまずまずだった。
1月9日(日) 茨木高原 北野、早崎(月例) 積雪のためクローズで中止

平成22年のゴルフ成績表

月日 場所 メンバー 前半 後半 コメント 回数
12月22日(水) アートレイク 礒川、松村、岸田、 54
イン
49 103


今日は関大勉強仲間の礒川さんのホームコースに招かれた。
それも前にも一緒した美女ゴルファー松村さんというから岸田
さんを誘いルンルン気分で出掛けた。天気も当初雨の予定が
どんどん改善し、「曇りのち晴れ」という願ってもない条件。
男女対抗戦という形になったが、結果は女性陣が礒川96、
松村102と頑張ったので103、109の男性陣は完敗。
向こうが女性ティーから打ってくれたから言い訳はついたが・・
今日はバンカーには1回しか入れなかったものの、前半は
寄せ、パットが不安定でほとんどがダボ。後半出足パーのあと
2番、3番をミスパットから連続パーを逃して波に乗れず、続く
3ホールで7オーバーを叩いて100切りまで行けなかった。
29
12月18日(土) 有馬富士 事務管理部OB会
(宗、大林)
52
アウト
49 101 今日は、バンカーに入れたのが1番だけだったので大きく
乱れたのはOBした2番、8番、10番、13番の4ホール。
2番以外はティーショットをヘッドの先端に当て右7-80度
に飛び出したどうしようもないOB。寒さで手が十分伸びて
いなかったのだろう。今日も上がり5ホールは3オーバーと
尻上がりによくなったが、遅すぎた。
28
12月15日(水) 太平洋六甲 沖野会(沖野、大林
大西、満恵川、入田)
64
イン
47 111 今日もまた前半と後半で別人のゴルフを展開してしまった。
本格的な砂の入った太平洋六甲のバンカーで出足の3ホール
立て続けに足を取られ、バンカーだけで10打も乱れ打ち、
ダブルスコアを連発した。おまけにショット・パットとも不調で
ゴルフにならない。後半も2番、3番でバンカーに入れ、4打を
ロスしたが、ショット、パットがだんだん良くなり、5番以降は
パー、ボギー、パー、ボギー、ボギーと本来の調子(?)を取り
戻した。しかし、時既に遅く、また百獣の王となった。一緒に
回った沖野さん、大林さんとは似たようなスコアだったが、
前半の大負けを、後半雪辱し、何とか面目を保った。
それにしても、最近、バンカーショットを克服したように思って
いたが、甘かったことを思い知らされた。何しろ8回バンカーに
入れて脱出に20打も要したのだからどうみても重症だ。
27
12月5日(日) 茨木高原 北野、早崎、加藤
(月例)
55
アウト
49 104 今日は前半、北野さんの快進撃に煽られた。6番までボギー
ペースだったところへ7番ショートであわやホールインワンと
いうショットで10cmにつけ悠々バーディで43で上がった。
ところが後半の上り3ホールで優勝を意識したのか10・5・7と
乱れ、97というアンダーパーながら平凡なスコアに終わって
ガックリしていた。
それにひきかえモイチは前半、パットが不調で上がり3ホール
で4パットを含む10パットをやらかす体たらく。後半、ようやく
落着きを取り戻し、高原では久しぶりの40台になった。後半は
ミスが減りトリプルを叩かなかったのが良かった。
26
12月3日(金) 有馬富士 珊瑚会 60
イン
50 110 今日も前半と後半とで別人ゴルフを演じてしまった。後半改善して
「大波賞」を取った分、今後に望みを繋いだ感じ。天気予報では
低気圧の前線は午前中で通過し、午後は晴れるが風が強くなる
と言っていたが、前半の15番で黒い雲が出てきたと思ったら、
16番の第2打で突然の雷を伴った暴風雨が襲ってきて競技は
中断を余儀なくされた。久しぶりの避難小屋だ。どちらにしろ、
前半はそういう天気に関係なく4OBと乱れに乱れた。
後半のアウトは最初3ホールほどティーショットがまともに出来ない
ほど風が強かったが、徐々に風がおさまると気持も落ち着いて
ようやく調子が安定してきた。後半風のため、スコアを乱す人が
多かったので10打改善で悠々の「大波賞」をゲット、おまけに
最下位から7位に順位を上げて「ラッキー7特別賞」でボール6個
までいただいた。優勝は東京から初参加の青木さん、不本意な
成績だったと思うがダブルペリアのハンデが効いた。
25
11月24日(水) 有馬富士 正木、玉井、 50
イン
53 103
今日も出足3ホールで9オーバーと散々だったが、4ホール目から
立ち直り、残り6ホールを5オーバーで切り抜けた。後半に40台を
賭けたがパットが不調で3パットを5回もやらかした。それでも最終
のロングでパーを取れば99という第4打のピッチングを引っ掛けて
グリーン横のバンカーに入れ万事窮すとなった。正木、玉井両君
とも105とみんな似たり寄ったりの仲の良さ。
24
11月10日(水) 茨木高原 久保木、川村、岸田 57
イン
55 112 同じマンションのゴルフ仲間(久保木さん、川村さん)と関大の
勉強仲間の岸田さんをホームコースに招いたのはいいが「ええ
とこ」を見せようという気が無意識のうちに働いたらしい。出足
からショットが不安定で10番で第3打をシャンクしてOB、その
ショックでこんどはバンカーに入れ、結局7オンの9。
もうあとは足が地に着かない感じでバタバタゴルフ。ミドルの9が
3回のほかトリプル3つでパーはたった一つ。これではゴルフに
ならない。それに引き換え、ゲストのみなさんはショットが好調で
久保木さん42・49、川村さん51・54、岸田さん52・57と完敗。
山はモミジやドウダンツツジの秋色が最高で喜んでいただけたが
ホストとしては大恥をかいた悔しい一日だった。
23
11月7日(日) 茨木高原
(月例)
北野、早崎 53
イン
57 110 5(金)6(土)と学園祭の休講を利用して岡山・高梁に一泊旅行
に行ってきたのはいいが、今日は折角の月例競技というのに
集中力が今ひとつ(弁解)。ショットはまずまずだったが、パットが
不調。OKパットを2回も外すなど前半だけで3パットを6つもやら
かした。後半少し持ち直してボギー、ボギーのスタートだったが
3番、4番、5番で第2打や寄せにミスが出てOBやバン入など
3ホールだけで9オーバーと完全に勢いを殺がれた。さらに
最終9番で第3打を左奥のバンカーに入れ、そこからこんどは
グリーンを斜めに横切って反対側一番嫌なグリーン右手前の
バンカーへ。結局、10打も叩いてダメを押された。
北野さん前半47と悪くはなかったが後半伸びず100。4ヶ月ぶり
の早崎さんはパットの勘が戻らず5パットや4パットが出て不本意
な成績に終わった。「最後までやれただけマシ」と。
22
10月29日(金) 浜松 珊瑚会50周年 50 46 96 24日(日)のゴルフで折角前半良かったのに昼に大ジョッキを
飲んでメタメタになった反省から、今日はグラスビールに止めて
後半に臨んだ。お蔭でショットが安定し、ミスも少なく、苦手の
バンカーにも捕まらなかった。パーをひとつも取れなかったのは
残念だが、いつものトリプルは朝の1番(3パット)だけに収まった。
久しぶりに90台で同期会50周年ゴルフは4位に入賞できた。
優勝は東の上野くん。準優勝、大橋、3位、泉谷と西の実力者が
占めた。
21
10月24日(日) 太平洋有馬 エースの会 47 57 104 今日は前半と後半とで別人のゴルファーを演じてしまった。
前半はパーこそなかったが、ショットに大きなミスがなく、終始
落ち着いて確実にボギーを取り、3パットで2回ダボを叩いただけ
の47で纏めた。12人中、グロス3位と上々の成績である。
ところが、調子に乗って昼食に三田牛のステーキに大ジョッキを
飲んで前祝いをしたら、午後はショット・パットが乱れに乱れた。
出足、トリプル、トリプル、ダボと躓いた。4ホール目のロングで
ようやく午前のショットを取り戻したが、第3打が惜しくも逸れて
バンカーに捕まりボギー止まりになってから肩に力が入り始め、
ミスショット続出ですっかり集中力をなくしてしまった。
20
10月11日(日) 茨木高原 勇上、北林、大東 50
イン
51 101 北林さんと一緒するのは記録を調べてみたら実に2年1ヵ月振り。
1年半もゴルフを休んでいたので茨木高原のハンディキャップも
失格して一から取り直し中とのこと。飛距離が落ちてガックリして
いるそうだが、それでも復旧後90台前半で回っているそうだから
「さすが」。今日も随所に北林さんらしい絶妙のアプローチ・ショット
で寄せワンを決めていたが、ドライバー、アイアン、パットにまだ
昔の切れが戻っておらず、48・52だった。モイチはショットはまず
まずだったが、バンカー2回で5打叩いたのと、いくつか致命的な
ミス(チョロ)があって100を切れなかった。調子は悪くない。
なお、勇上さんは44・46=90と惜しいところで90を切れず、残念
そうだった。
19
9月23日(木) 有馬富士 事務管理部OB会       全員ゴルフ場に参集したが、雷雨止まず12月18日(土)に順延。
9月12日(日) 茨木高原 北野、宮本 52 54 106 7日夜ギリシャ旅行から帰ったばかりで連日HPの写真編集に
終われ、時差ぼけが直りきらないままのゴルフだったので自信が
なかった。しかし、前半の5番まではOBは出たものの、予想外に
ショットがよく、2番ではワンオンのバーディ逃しのパー、5番では、
1mに2オンしてバーディとボギーペース。ところが6番でティー・
ショットを池に入れてからおかしくなりバンカーにも入れて3パット
の10。つづく7番では高くサブグリーン奥に上がったボールが
ロストとなりトリプルといっぺんに調子を崩してしまった。
後半は待ち時間もあったので中ジョッキを飲んだら時差ボケの
影響で眠くて仕方なくボギーゴルフに戻ってしまった。
北野さんはこのところ手堅く、49・50で上がった。
18
8月17日(火) 茨木高原
(キリンB杯)
勇上、北野、越中 50
イン
54 104 早崎さんが膝痛のため越中さんが入ったが、ハンデ10とかで
ショット、パットとも殆んどミスがなく、前半は16番までパープレー。
17番でティーショットがバンカーのアゴに突き刺さってダボを
叩いてから調子を落としたが39・41の80で回った。
モイチはフェアウェー・ショットが不調でミスが多く、おまけに昼食
休憩で「飲み放題」につられて生ビールを2杯も呷ったのが失敗!
後半は3連続3パットをやるなど、完全にダボペースになった。
北野さんは、依然手堅く、48・51の99で回った。気分転換で
ドライバーを買い換えたばかりの勇上さんは、時々ミスショットが
出て乱高下のゴルフとなり43・50=93。キャロウェーの隠し
ホール次第では上位入賞の希望も・・・
17
8月1日(日) 茨木高原
(月例)
北野、堀田、 54 51 105 下界は猛暑が続いているが茨木高原はさすが爽やかな風が
吹いて気持ちよくプレーできた。早崎さんが膝の故障で取りやめ、
月例初参加という堀田さんが入った。堀田さんは学生時代
ラグビーのレギュラーだったというだけあって運動能力抜群。
ティーショットの飛距離には飛ばし屋の北野さんもビックリ。
前半は不安定でOBを連発したが、後半安定し始めると250-
60ヤードは優に飛ばし、6番ロングではほとんど2オンして
グリーンに上がりかけた前の組を驚かせた。北野さんはそんな
堀田さんに闘争心を燃やしたのか、後半絶好調となり、49・44=
93とアンダーで回った。
モイチは一時の不調からは完全に立ち直ったものの、如何せん
飛距離でふたりに置いていかれ、冴えないゴルフ。後半、40台の
ペースだったのに最終の9番の第2打からガタガタと崩れ、ダブル
スコアを叩いたのが残念。
16
7月19日(月) 太平洋有馬 エースの会(第3組
大林、大西、太田)
51 49 100 今日もティーショットはショート・ホールを除き安定し、終始落着いて
プレーできた。しかし、寄せとパットがピリッとせず、なかなかパー
が取れない(結局、12番の一つだけ)。苦手のバンカーも後半、
2回入れたがいずれも1回で脱出したので大崩れはなかったが、
今ひとつ不満の残るゴルフだった。優勝は入田さん40・47=87
2位は市川さん47・41=88、3位藤本さん BB大西さん、BGは
伊藤さんの83。この暑さの中で80台4人とは水準が高い!
15
7月16日(金) 有馬富士 珊瑚会(第2組
大橋、奥山、大木)
54 53 107 今日は第2打のウッドのOBが3発、池ポチャが1発、いずれも
当たりは良かったが方向が悪かった。少し力が入りすぎたか?
それにパットの調子が今ひとつでいくつもカップに嫌われ、計39
パット。 収穫は6番、12番(長い方)で2オン2パットのパーを
取ったのと、18番ドラコンを取ったくらい。
優勝は泉谷くん87(BG)、2位大橋くん91、3位奥山くん99で
モイチはBB。
14
7月12日(月) 大山平原 沖野、大西、 49 51 100 沖野会G&G(グルメとゴルフ)で大山の山麗でプレー。梅雨の
晴れ間を期待したが、朝から小雨。 スタートする8時過ぎには
さらに強くなり、上下の雨具を付けてプレーする羽目になった。
前夜はかなり土砂降りだったらしく、フェアウェーはジュクジュクで
バンカーには水が溜まっていた。そんな中でもショットは割りあい
安定し、前半はキャディさんから「ここは76もあるのですよ」と
脅されていたバンカーにも1度捕まっただけで1発で脱出できた。
結果は49と上々。後半も7番までダボ2つだけであとはボギーと
いうまずまずで、久しぶりに100を切れそうな勢いだった。しかし、
8番のショートホールでティーショットを左に大きくそらし、木の根元
から打った第2打をすぐ下のバンカーに入れ、4オン3パットと乱れ
たのが大きく響いて惜しいところで100となった。残念!
一緒に回った大西さんはパットに苦しんだが、後半調子を上げ、
52・49。沖野さんは今ひとつショットが冴えず、10x。もう一組の
大林、満恵川、入田組は、前半、入田さんが44、満恵川さんが49
を出しただけで他はあまり良くなかった模様。
13
7月4日(日) 茨木高原 北野、早崎 天候不良を見越して3人とも不参加
6月6日(日) 茨木高原 北野、早崎 57 52 109 今日もバンカーがすべてだった。バンカーに入れたのは1番と6番
の2回だけだったが、脱出に合わせて8つも叩いてそれぞれスコア
は9と13となった。特に悔しかったのは6番第3打でグリーン前の
バンカー近くまで来ていたのにPWで軽く上げようとしたのがヘッド
アップして目の前のバンカーへ、それも無情にもアゴ近くに・・・
それ以外では今日はティー・ショットが快調でほとんどボギー・
ペースだったし、3番ロングでは第3打がグリーン奥にこぼれる
くらいのいいショットを連ねて堂々のパーを取った。
後半は、フェアウェーショットとアプローチにミスが出て、ダボゴルフ
となったが、ティー・ショットは10番、12番を除き絶好調だった。
バンカーの上手い北野さん、早崎さんはモイチよりずっとマシだった
が10x と不満足な結果に終わった。
12
6月4日(金) 茨木高原 六三会山田、徳永 63 51 114 定例になった小学校のクラス会に合わせたゴルフ会。北京旅行
から帰ったばかりで連日写真編集やら関大の予習に忙しいのに
水曜日は練習場に行ってバンカー・ショットまで入念に練習した。
しかし、その成果を試すかのように今日はバンカーによう入れた。
前半5回10打、後半3回6打と散々砂を叩いた。原因はもちろん
その前のショットをミスしたからだが、コースをよく知っている高原
でこんなにバンカーに入れたのは記憶にない。お蔭で同級生の
二人には完敗。前半は徳永くんが絶好調で最後に8を叩きながら
45で上がり、後半は山田くんが本領発揮の43とそれぞれ97、94
で纏めた。明日の宴会では酒の肴にされそう。まあ、6日の月例に
備えた格好の練習と考えよう。
11
5月12日(水) 茨木高原 勇上、北野、 54 48 102 ブリジストン杯オープン・コンペ。高原は終日摂氏10度くらいで
風も強く体感温度は7-8度というところ。雨具の上着をヤッケ
代わりに身に付けてなんとか寒さを凌いだ。そんな中でも今日は
ティーショット、フェアウェーショットともほぼ本来の当たりを取り戻し
ミスが大幅に減ったので久しぶりに気持ちよくプレーできた。
早打ちをしないよう意識的にゆっくりスウィングしたのがよかった。
ただ、4番でティーショットを右にOBしたうえ、第4打を打ち急いで
バンカーに捕まり、左右のバンカーを渡り歩いて7オン3パットを
叩いたのと、17番ショートでティーショットをトップして池ポチャした
のが残念。パットも40パットでここというのを何度か逃した。
久しぶりに一緒の勇上さんは後半追い上げて93。北野さんは
寒さが苦手か、いまひとつ調子が上がらなかった。
10
5月4日(火) 有馬富士 杉江、泉谷 54
イン
55 109 一昨日のゴルフがますます酷くなった感じ。ティーショットまで
おかしくなってしまった。改善したのはアプローチだけ。前半・
後半とも最初の5ホールのうち4ホールはトリプルかそれ以上。
ミスショットを数えたらパットを除く71ショットのうち実に28。
泉谷プロに後ろから診てもらったらどうも「打ち急ぎでバック
スウィングに溜めがない」と。あがり4ホールは両方ともボギー
ペースに落ち着いたのがせめてもの慰め。泉谷プロは絶好調で
40・43=83(バーディ2つ)で回った。
5月2日(日) 茨木高原
(月例)
北野、早崎、森沢 59 56 115 今日は朝から晴れ風もなく文句なしのゴルフ日和。ところが出足
の1番でOBでもバンカーでもないのに12も叩いたのがすべて。
1番札を引いてティーショットに向おうとしたら早さんから「帽子は
どうした?」と声が掛かった。慌てて紫外線避けクリームを塗った
洗面所に取りに戻って仕切り直したが、動揺がショットに影響して
ヘッドの先っぽに当たりあやうくOBの大チョロ。そのあともミスが
続いて4打で漸くグリーンを見下ろす斜面のラフに到達。 軽く
ピッチングで乗せる積りがトップしてグリーン奥の木立の下へ。
そこからグリーンへの打ち上げが打てども打てども木に当たって
逆戻り、結局11オン1パット。次のショートでパーを取ったが焼け
石に水。3番以降もフェアウェーショットの不安定とアプローチの
ミスが重なってダボ・ゴルフが続き、最後まで立ち直れなかった。
みんな調子はよくなかったが、北野さんにはおろか、早さんにも
グロスで完敗(失礼!)。上がってきたら石川遼くんがあの難しい
和合コースで1ラウンド58で回って大逆転優勝のニュース。
こちとらハーフでそれ以上叩いたというのに!
4月16日(金) 伊東 小松、前川、 55 56 111 2月並みの手の凍える寒さに霧と雨という悪コンディションの
中で兎に角、通しで1ラウンド回った。しかし、3人とも100を
切るどころではなく、みんな普段より10位スコアが悪かった。
今日はティーショットが比較的安定していたが、第2打、第3打
でダフリのミスが何回も出たうえ、雨で固くなったバンカーで
脱出に失敗して3打を要したケースが2回あった。いずれにしろ、
前半、ダブルスコア1、トリプル2、後半、ダブルスコア1、トリプル
3、のパーなしゴルフでは天気のせいにする他あるまい。
4月4日(日) 茨木高原
(月例)
北野、早崎、林 52
イン
63 115 今日はこのところ好調だったティー・ショットが前半から芯に
当たらず、苦しい展開となった。その上、アプローチミスが続出、
ゴルフにならずダボペースの52に収めるのがやっと。
後半になるとショットはますます悪くなり、特にフェアウェーからの
ウッド、アイアンが砂が入っていたためか、ダフリ、トップが多く
ガタガタになった。特に苦手の6番ロングで、アプローチをトップ
してグリーン前のバンカーに入れて脱出に6打を要し、13打も
叩いて自滅してしまった。いつもHPを見てもらって声を掛けて
いただいている林さんと初めて一緒に回ったというのにとんだ
恥さらしになってしまった。その林さん、前半は絶好調の42で
「優勝も」と思ったが、後半やや失速。足を引っ張ったかな?
3月26日(金) 有馬富士 珊瑚会 52
イン
53 105 今日は前日までの雨で芝のコンディションが悪いうえ、天気も
午前は霰やみぞれが降り、午後は強い風が吹き始めてみんな
スコアメークに苦労した。まずイン・スタートの10番、3オンを
狙った大き目のショットが少し左に逸れてバンカーに捕まり、
雨で固くなった砂に対応できず脱出に3打を要してトリプルを
叩いた。そのあとは、打ち急ぎから、ティーショットもスライス球
が多く、アプローチミスもあってボギーすら儘ならない体たらく
だった。22日に13オーバーを叩いた12-14番は、今日は
全部ボギーの3オーバーでおさめたが、如何せん他のホール
でトリプル、ダボが続出しては話にならない。パーは17番と
7番だけ。
100を切ったのは大橋、泉谷の両氏だけでそれも96、99と
いつもより10ほど悪かった。
3月22日(月) 有馬富士 事務管OB会 42 52 94 今日は菜種梅雨の合い間の絶好のゴルフ日和、黄砂も強い風
もなく気持ちよくプレーできた。最初のアウト1番ロングでいき
なり3オン1パットのバーディを出して気をよくし、ティーショットと
パットが安定してそのあとずっとボギーを続けた。9番を
バーディ逃しのパーで締めくくって久しぶりの42。
パートナーから「連続優勝も」という声が出たくらい好調だった。
後半も出足ロングで寄せワン・パーで12番までボギーペース。
これは久しぶりに80台かと思ったら、13番の打ち下しショート
に魔物が潜んでいた。ティーショットが突然乱れ、3OBと
2バンカーでなんと10オン2パットの12も叩いてしまった。
残り5ホールを4オーバーで纏めたものの、如何せんショートの
12は痛かった!
まあ、芝の悪いシーズン初めでもあり、前回の優勝がフロック
ではなかったということも示せた(?)ので「良し」とするか!
とにかく今日はパートナー、大西、藤井、相戸各氏の舌戦にも
動揺することなくマイペースで楽しくプレーできたのは収穫。
3月17日(水) 茨木高原 勇上、北野、早崎 57 53 110 今年初めてのホームコース。ティーショットはまずまずだった
が、第2打、第3打でダフリのミスが多く、トリプルの連発で
ボギーすら取れない状態が続いた。後半少し持ち直した
ものの最終ホールで肝心のティーショットを左に曲げてOBし
万事休すとなった。
勇上さんはティーショットにいつもの当たりが出ず、北野さんも
今年の初ゴルフとかで力んだか、調子今ひとつ。病み上がりの
早崎さんは半年振りと言いながら力みの抜けたスウィングで
前半は快調にプレーしたが、後半ややスタミナ切れとなった。
3月7日(日) 茨木高原 月例(北野、早崎) - - - 雨天・霧のため競技中止。
1月27日(水) 有馬富士 杉江、泉谷、尾上 49 59 108 今日もまた後半に乱れた。といっても10番と14番のロングで
いい当たりが木に当たってOBゾーンに撥ねるという不運を
切っ掛けにミスを連ねただけなのだが、10と12というダブル
スコアを叩いてはどうにもならない。OBは全部で5発も叩いた。
バンカーには入れないようにしたが、2回捕まって3打を要した。
パートナーの泉谷さんは43・48と安定、尾上さんは後半50と
立ち直って上機嫌、杉江さんはモイチ同様イマイチ。
1月23日(土) 太平洋有馬 エースの会 53 58 111 初打ち散々!打ち納めから丸々1ヵ月空いていたので自信は
なかったが、それでも後半の14番までは騙しだましで何とか
しのいできた。ところが15番でティーショットを左のコースに
落としてロストとなってからショットが乱れ始め、特にグリーン
近くに来てからシャンクが頻発してガタガタになった。おまけに
そうなると入れないようにしていたバンカーにも掴まり、脱出に
何発も要するなど、最後の4ホールで31も叩く崩壊状態となった。
一緒に回った大林さんはショットが快調で47・50で上がり、見事
2回目の優勝を遂げた。ダントツの最下位かと思っていたら、
行き帰り車に乗せてもらった満恵川さんど同ハンデ同スコア。
ジャンケンでどちらがブービーか決めることになったが、これにも
負けてしまった。

平成21年以前を見る